蕪村と漢詩
  • Googleプレビュー

蕪村と漢詩
成島行雄

3,240円(税込)3,000円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年03月
  • 著者/編集:   成島行雄
  • 出版社:   花神社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  346p
  • ISBNコード:  9784760216284

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
蕪村が漢詩から学んだものは何か。

【目次】(「BOOK」データベースより)
陶淵明/王維/李白/杜甫/白楽天/蘇東坡/孟浩然 その他/杜牧 その他

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
成島行雄(ナルシマユキオ)
1928年栃木県河内郡篠井村(現今市市)に生まれる。国学院大学文学部卒。89年栃木県立上三川高等学校長を退職。現在、学校法人栃木県神社庁八幡台学園八幡台幼稚園長。栃木県文芸家協会員。蕪村研究会員。蕪村顕彰会事務局長。主な活動・75年栃木県芸術祭30周年記念公演台本『ファンタジアとちぎ』3幕8景を執筆。91年文化庁移動芸術祭栃木公演台本『しもつけ賛歌』4幕12景を執筆。92年栃木県民オペラ創立10周年記念公演台本『那須与一』3幕5景を執筆。99年蕪年顕彰会を設立し、蕪村句碑を宇都宮二荒山神社境内に建立。画歴・この間、墨瀋院主宰南雲稔也先生に師事して彩色中国画を学ぶ。墨瀋院会員。91年日本書画振興協会主催第4回日書画展に入選。93年同展新人奨励賞、94年同展特選、95年同展修美社賞を受賞。96年第1回個展『鳥を描く』を栃木県総合文化センター第2ギャラリーで開催。99年第2回個展『蕪村句を描く』をギャラリー花工房オリーブで開催する。著書に72年『樹の島抄』(落合書店)。77年『とちぎの野仏』(花神社)。88年『昭和一たけの少年期・こんたりぼ』(栃木新聞社)。94年ストーリーマンガ『円仁』(下野新聞社)。94年『求法曼荼羅』(近代文芸社)。99年『蕪村誕生』(七艸書房)。など。共著に99年『蕪村の師巴人の全句を読む』(下野新聞社)。2000年『「宇都宮歳旦帖」を読む』(下野新聞社)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,240円(税込)3,000円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      九十歳。何がめでたい
      九十歳。何がめでたい

      佐藤 愛子

      1,296円(税込)

    2. 2
      身近な人が亡くなった後の手続のすべて
      身近な人が亡くなった後の手続のすべて

      児島明日美

      1,512円(税込)

    3. 3
      嫌われる勇気
      嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,620円(税込)

    4. 4
      夫のちんぽが入らない
      夫のちんぽが入らない

      こだま

      1,404円(税込)

    5. 5
      疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい
      疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい

      寺林陽介

      1,188円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ