疫病最終戦争
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > その他

疫病最終戦争 (One plus book)
吉田一彦

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年12月
  • 著者/編集:   吉田一彦
  • 出版社:   ビジネス社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  197p
  • ISBNコード:  9784828409573

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
生物化学兵器の解説とその歴史、元日本陸軍細菌部隊のこと、今後のアフガンの行方…に言及する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 生物・化学兵器とは?/第2章 生物化学戦争の歴史/第3章 米軍で生き続ける石井部隊の「細菌兵器」/第4章 米軍のタリバン攻略策と炭疽菌テロ/第5章 混迷を深めるアフガン周辺事情/第6章 報復戦争の行方

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉田一彦(ヨシダカズヒコ)
北星学園大学教授。1936年兵庫県生まれ。神戸大学国際文化学部教授を経て、同大学名誉教授。現在、北星学園大学文学部教授。第二次大戦、特に情報戦略に関心が深い

平塚柾緒(ヒラツカマサオ)
太平洋戦争研究会会員。1937年茨城県生まれ。出版社勤務を経て、出版プロダクション(株)文殊社、近現代フォトライブラリー主宰

常石敬一(ツネイシケイイチ)
神奈川大学教授。1943年東京都生まれ。東京都立大学理学部卒業。東京大学工学部助手、長崎大学を経て、89年より神奈川大学教授。専門分野は科学史、科学社会学、生物化学兵器軍縮

平山健太郎(ヒラヤマケンタロウ)
白鴎大学教授。1932年東京生まれ。東京大学法学部卒。56年NHK入局。63年コロンビア大学留学後、ブエノスアイレス、サイゴン、カイロ等の支局長、外信部デスクを経て、86年から解説委員、91年解説主幹。退職後白鴎大学経済学部教授。83年ベトナム停戦協定調印のスクープ、サダト大統領・ホメイニ師・フセイン大統領との単独会見等で知られる

中島勇(ナカシマイサム)
財団法人中東調査会研究員。1953年福岡県生まれ。上智大学文学部卒業後、米国留学。80年より財団法人中東調査会研究員。情報センター長を兼務。専門は中東現代政治。特にアラブ・イスラエル紛争、中東和平問題。96年パレスチナ総選挙の際の日本政府派遣選挙監視団メンバー、99年パレスチナへのODA評価ミッション・メンバー

兵頭二十八(ヒョウドウニソハチ)
1960年長野県生まれ。高校時代から核・化学・生物兵器の文献を読み漁って、いっぱしの『ハルマゲドン研究家』になっていたが、生まれつき疑り深く、新興宗教にハマることはなかった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,296円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ