30万点以上の本がポイント最大10倍
【5月23日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
表象の植民地帝国
  • Googleプレビュー

表象の植民地帝国 近代フランスと人文諸科学
竹沢尚一郎

3,888円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2001年12月
  • 著者/編集:   竹沢尚一郎
  • 出版社:   世界思想社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  339p
  • ISBNコード:  9784790709084

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
19世紀初頭から20世紀なかばにかけて、西欧諸国がアフリカに向けた視線はどのように変わったか。植民地拡張と並行して発展した人文諸科学(民族学・歴史学・社会学)は、同時代の支配的観念とどう関わっていたか。「他者」表象の変化を軸に、西欧とはなにか、近代とはなにかを問い直す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 探検家たちの時代-植民地拡張の前史(一七九五-一八五〇年)(西アフリカの探検家たち/植民地拡張前夜のフランスと西アフリカ ほか)/第2章 植民地支配の拡大と帝国のプロパガンダ(一八五〇-一九〇〇年)(フランスの植民地政策と西アフリカ支配の進展/共和派の台頭と「文明化の使命」 ほか)/第3章 植民地の活用と消費革命、そして社会科学の発展(一九〇〇-一九二五年)(二十世紀初頭の植民地状況と「他者」への視線の変容/西アフリカにおける植民地経営の進展 ほか)/第4章 植民地との一体化とフランス民族学の自己成型(一九二五-一九四八年)(植民地との一体化の進行/第二次世界大戦の終結と「フランス連合」の植民地政策 ほか)/結論 植民地主義と人類学再考

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹沢尚一郎(タケザワショウイチロウ)
1951年福井県に生まれる。1976年東京大学文学部(宗教学)卒業。1985年フランス社会科学高等研究院博士課程修了(民族学博士)。1988年より九州大学助教授、同教授を経て、2001年10月より国立民族学博物館教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,888円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ