[楽天スーパーSALE] 半額セール&ポイント最大7倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
建設原価計算と法律171号
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 建築学

建設原価計算と法律171号 建設工業経営研究会草創時の記録
益田重華

2,160円(税込)2,000円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、終戦直後の昭和25年(1950)までの混乱の時代、すなわち建設工業経営研究会の草創期にあたる時期に焦点をあてたものである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 敗戦-建設業界の対応/2 建設工業原価計算要綱の作成/3 法律第171号の施行/4 建設工業経営研究会の誕生/資料(一式請負に依る工事契約書/実費清算に依る工事契約書/請負金額限定の実費清算に依る工事契約書 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
益田重華(マスダシゲヨシ)
1907年(明治40年)山口県生れ。1934年日本大学工学部建築学科卒業後、大倉土木(現大成建設)へ入社。戦時中、呉海軍建築部に技師として徴用。戦後の混乱期、戦時建設団関東信越地方団、日本建設工業統制組合、日本建設工業会で技師として活躍するが、戦後大倉土木へは戻らず、1948年建設工業経営研究会創立に参画。65年から69年にわたり、『建設業経営選書』全13巻(鹿島研究所出版会発売)を編集発行する。84年専務理事を退任。この間、一貫して建築技術者として建設業界側の視点に立って発言活動し、建設業の経営、経理、技術等と広範な分野にわたって切り拓いた調査研究活動は、近代化する建設産業の発展に大きく貢献した。現在、建設工業経営研究会相談役

岩下秀男(イワシタヒデオ)
1926年(大正15年)東京生れ。1948年東京大学第二工学部建築学科卒業後、大成建設へ入社。56年退社し、57年建築コンサルタント岩下秀男研究所を設立する。62年法政大学工学部助教授、69年教授、97年法政大学を退任。現在、名誉教授。建設工業経営研究会顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,160円(税込)2,000円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ