石油の環分析
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > その他

石油の環分析 その計算方法と効用
小川勝

3,024円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2002年03月
  • 著者/編集:   小川勝
  • 出版社:   成山堂書店
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  77p
  • ISBNコード:  9784425660513

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
石油類の分子構造基を分析する「環分析」は、いまだ国内規格に規定されていないが、石油類の識別やエンジン等の障害防止のために注目を集めている。本書は、米国のASTM規格の環分析方法をもとに、その欠点を補足し、現行の物性項目からの計算分析を可能にした新しい環分析方法を、具体的なデータとともに解説。石油の品質管理に新風を吹き込む、関係者必携の書である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 石油化学概説(石油の組成/石油の分子構造を示す略号)/第2章 石油の環分析方法(ASTM法/石油の屈折率 ほか)/第3章 石油の環分析結果の効用(わが国輸入原油/石油製品油 ほか)/第4章 石油精製法概説(常圧蒸留/熱分解 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小川勝(オガワツヨシ)
1945年高等商船学校機関科卒業。船舶運営会入会。1967年海上保安大学校教授。同校海上公害研究室長併任。海上保安試験研究センター併任。水産大学校講師併任。広島商船高等専門学校講師併任。1984年海上保安大学校教頭。現在、海上保安大学名誉教授。研究項目は燃料・潤滑・海洋保全(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,024円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ