電気発見物語
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

電気発見物語 見えないものが、どのように明らかになったか (ブルーバックス)
藤村哲夫

972円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2002年04月
  • 著者/編集:   藤村哲夫
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  254p
  • ISBNコード:  9784062573672

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
家には100Vの電気が来ていて、100Wの電球を1時間ともすと100Wh。30Aの契約で、月に400kWA使ってるけど、これって?見えない電気がどうして発見され、どのようにその正体が明らかにされてきたか、歴史をたどれば、電気が何だかよく分かるようになる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 電気との出会い/第2章 電気を測る試み/第3章 動電気との出会い/第4章 電気と磁気の関係をさぐる/第5章 電気回路を計算する/第6章 電動機・発電機と変圧器/第7章 情報通信のスタート/第8章 電気の利用とエジソンの挑戦/第9章 無線通信からラジオ・テレビへ/第10章 半導体とコンピュータ/第11章 わが国の電気の先達たち

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤村哲夫(フジムラテツオ)
工学博士。1954年、東京大学工学部電気工学科卒業。同年、日本碍子(現・日本ガイシ)入社。設計部長、装置部長、超高圧研究所長などを歴任。1985年、同社専務取締役(研究開発・特許・情報システム所管)退任。1988年、中部大学教授。1998年より同大学客員教授。日本工学アカデミー会員。アメリカ電気電子学会ライフフェロー会員。日本電気工業会「発達賞」、電気学会「電気学術振興賞・進歩賞」ならびに「著作賞」、産業考古学会「功績賞」、小平浪平記念財団「小平賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

972円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      定年後
      定年後

      楠木新

      842円(税込)

    2. 2
      未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
      未来の年表 人口減少日本でこれから起き…

      河合 雅司

      820円(税込)

    3. 3
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    4. 4
      応仁の乱
      応仁の乱

      呉座勇一

      972円(税込)

    5. 5
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

      ケント・ギルバート

      907円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ