【8月24日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
リフレクティング[矢原隆行]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

リフレクティング 会話についての会話という方法
矢原 隆行

2,160円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年09月15日
  • 著者/編集:   矢原 隆行
  • 出版社:   ナカニシヤ出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  168p
  • ISBNコード:  9784779510991

商品説明

【内容情報】(出版社より)
はじめに

第1部 基 本 編
1 端緒:分岐点としてのひとつの出来事とそのいくつかの文脈
 1 文脈としての家族療法(1)コミュニケーション・モデル  
 2 文脈としての家族療法(2)ミラノ・システミック・モデル 
 3 文脈としてのアンデルセンの歩みとその夜の出来事  

2 基本:規則ではなく,手引きのようなものとして
 1 基本概念 
 2 基本構成 
 3 基本手順 
 4 会話の作法
 5 会話の環境
 プラスワンポイント[アンデルセンにおける会話のイメージ]  

3 特質:本体・様相・作用の観点から
 1 本体:観察を観察すること  
 2 様相:ヘテラルキーと斜め性  
 3 作用:かたり,はなし,ゆるひ  
 4 「うつし」としてのリフレクティング  

第2部 応用編:さまざまな領域のための具体的プログラム
4 スーパービジョンのためのプログラム
 1 スーパービジョンの意義と類型  
 2 リフレクティング応用の仕組みと手順
 3 具 体 例  
 プラスワンポイント[観察焦点のバリエーション]

5 事例検討のためのプログラム
 1 事例検討の意義と基本構成 
 2 リフレクティング応用の仕組みと手順
 3 具 体 例  
 プラスワンポイント[アズ・イフ・プロセス]

6 職種間等の連携促進のためのプログラム
 1 連携・協働の類型と課題  
 2 リフレクティング応用の仕組みと手順
 3 具 体 例  
 プラスワンポイント[多部署・多機関による会議]

7 その他の多様なプログラム
 1 質的研究の分析における活用
 2 地域での住民座談会における活用 
 3 専門職へのフィードバック・ミーティングにおける活用
 4 オープン・ダイアローグにおける活用

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 基本編(端緒:分岐点としてのひとつの出来事とそのいくつかの文脈/基本:規則ではなく、手引きのようなものとして/特質:本体・様相・作用の観点から)/第2部 応用編:さまざまな領域のための具体的プログラム(スーパービジョンのためのプログラム/事例検討のためのプログラム/職種間等の連携促進のためのプログラム/その他の多様なプログラム)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
矢原隆行(ヤハラタカユキ)
1968年宮崎県生まれ。1991年九州大学文学部卒業。2000年九州大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、広島国際大学医療福祉学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,160円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ