ガバナンスを問い直す?[東京大学社会科学研究所]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

ガバナンスを問い直す ? 市場・社会の変容と改革政治
東京大学社会科学研究所

4,536円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
ガバナンスをめぐる議論には,現代の世界および日本がかかえる課題が凝縮している.東京大学社会科学研究所全所プロジェクト5年に渡る研究成果.本巻では市場と社会の変容がもたらした現代行政国家・福祉国家の改革から,「ニュー・ガバナンス論」の脱構築を模索する.【全2巻】
刊行にあたって
第I部 家族・生活・地域
第1章 家計生産のガバナンスと社会の均衡ーー「家事分担に関する妻の選好」を例に(不破麻紀子)
第2章 日本における女性就業の地域差(安部由起子)
第3章 多極化する都市空間のガバナンスーー境界を開く法の役割(高村学人)
第4章 災害と民主主義・多様性ーーリスク・ガバナンスの3次元理論に向けて(スティール若希)

第II部 企業・市場
第5章 株主価値最大化がもたらすものーー労使関係論から(南雲智映・中村圭介)
第6章 経済政策のガバナンスとはーー構造改革は事態を悪化させた(大瀧雅之)

第III部 改革政治
第7章 イギリスにおける政権交代と福祉ガバナンスの変容(今井貴子)
第8章 消費税増税と日本のガバナンス(グレゴリー・W・ノーブル)
第9章 「政治の司法化」とガバナンス(佐藤岩夫)
総 括 本プロジェクトの意義と拓かれた課題(大沢真理・佐藤岩夫)
あとがき(大沢真理)


索引
編者・執筆者紹介

Reconsidering Governance II: Reform politics in changing markets and societies
Institute of Social Science-University of Tokyo,Mari Osawa, and Iwao Sato, Editors

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 家族・生活・地域(家計生産のガバナンスと社会の均衡ー「家事分担に関する妻の選好」を例に/日本における女性就業の地域差/多極化する都市空間のガバナンスー境界を開く法の役割/災害と民主主義・多様性ーリスク・ガバナンスの3次元理論に向けて)/2 企業・市場(株主価値最大化がもたらすものー労使関係論から/経済政策のガバナンスとはー構造改革と事態を悪化させた)/3 改革政治(イギリスにおける政権交代と福祉ガバナンスの変容/消費税増税と日本のガバナンス/「政治の司法化」とガバナンス)/総括 本プロジェクトの意義と拓かれた課題

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大沢真理(オオサワマリ)
東京大学社会科学研究所教授、同研究所所長

佐藤岩夫(サトウイワオ)
東京大学社会科学研究所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと5

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

4,536円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ