【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
いまを生きる江戸思想[本村昌文]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

いまを生きる江戸思想 十七世紀における仏教批判と死生観
本村 昌文

5,184円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年09月05日
  • 著者/編集:   本村 昌文
  • 出版社:   ぺりかん社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  304p
  • ISBNコード:  9784831514486

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“生の教説”から“生死の教説”へー儒教による仏教批判から活性化した近世前期における死生観の展開とその背景を、十七世紀の儒者の著作と仮名草子から読み解き、老いと死後という視点も絡めて江戸時代を生きた人々の意識の深層に分け入る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
研究史の回顧と問題設定/いまを生きるー中江藤樹の死生観/「大虚」への回帰ー林羅山の死生観/不滅の「理」-松永尺五の死生観/「天地」への回帰ー仮名草子の仏教批判と死生観/死後の不安と霊魂の行方ー『何物語』・清水春流の死生観/連続する本性ー向井元升の死生観/死生の超越ー熊沢蕃山の死生観/すみやかに消滅する「霊魂」-中村〓(てき)斎の死生観/十七世紀における死生観の展開と看取りの諸相/老い/死/死後へのまなざし

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
本村昌文(モトムラマサフミ)
1970年、東京都生まれ。東北大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。東北大学助手等を経て、岡山大学大学院社会文化科学研究科准教授。専攻は近世日本思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

5,184円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ