蜜蜂と遠雷[恩田陸]
蜜蜂と遠雷[恩田陸] 蜜蜂と遠雷[恩田陸] 蜜蜂と遠雷[恩田陸]
  • Googleプレビュー

蜜蜂と遠雷
恩田陸

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2016年09月21日頃
  • 著者/編集:   恩田陸
  • 出版社:   幻冬舎
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  507p
  • ISBNコード:  9784344030039

商品説明

【内容情報】(出版社より)
俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
恩田陸(オンダリク)
1964年、宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞および第2回本屋大賞を受賞。06年『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞を受賞。07年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 1おもしろいです
    ねこ06
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年03月07日

    届いたひに読破、いっきによめました。恩田さんの作品もっとよみたくなりました。

    13人が参考になったと回答

  • 初めての恩田陸小説
    よっちゃん'09
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年04月15日

    若い頃は本代が小遣いの大半を占めていたり、子持ちになってからは図書館の常連でしたが、加齢とともに文字を読むのがしんどくなり(老眼?)、最近は、TVでアメリカのドラマばかり・・・。
    恩田陸さんは、名前は知っていましたが、一冊も読んだことがありませんでした。
    長女が読んでみたいといっているので、私も読んでみることにしました。
    本屋大賞に選ばれる本は、面白いので・・・。

    3人が参考になったと回答

  • 直木賞受賞作品
    2727椿
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年03月10日

    友人に勧められて、買いました。文句なしの最高傑作と書いてありました。
    読むのがとても楽しみです。

    3人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー
  • 直木賞作品!
    ムツキ6704
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年03月11日

    国際ピアノコンクールの様子を描いた作品です。風間塵、栄伝亜夜、高島明石、マサル・カルロス・レヴィ・アナトールの4人が中心になって繰り広げるピアノの競争の世界。第一次予選から第三次予選、そして本選まで一気読みしてしまいました。さすが直木賞作品だと思いました。普段ピアノには関係なく過ごしていますが、すごく興味深く読ませてもらいました。ピアノのコンクールに行くたくなるような作品でした!

    1人が参考になったと回答

  • 音楽と青春のお話
    まぐろわさび入り
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年01月18日

    国際的な音楽コンクールで闘う、3人の若手ピアニストのお話です。
    この作品の印象的なところはなんといっても、音楽の文章表現ではないでしょうか。
    ピアノコンクールのお話ですから、知らない音楽家の曲もたくさん出てきましたが、曲の雰囲気や情景が、そのまま目に見えるような文章に心動かされました。主人公の男女3人の甘くも苦くもある過去や、3人の周りにいるピアニストの心情も思わず「うんうん」と頷けるような、とても説得力のあるお話だと思います。
    この度、直木賞候補に挙がったということで、贔屓目ですが応援しています。

    1人が参考になったと回答

  • バーッと読み進められる。
    msspvwc
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年01月08日

    本来ならその細かい描写をきちんと咀嚼するのが正しいのだと思いますが、ここで扱われている題材、クラシック音楽、ピアノに明るくないため、わりと専門的なものが入った箇所が、流し気味となったことは否めません。
    しかし、それは比較的どうでもいいような気がします。
    都度、頭に掻き立てられる強い想像やイメージに煽られ、はやる気持ちを抑えられず、結果、バーッと読み進めずにはいられませんでした。
    知識がないのをなおざりに、その部分のハンデを抱えた状態でも、こみ上げる場面が幾度となくありました。
    月並みな物言いですが、ほんとに「濃い」のだと思います。
    扱われている内容に関してある程度の知識を持ち合わせているならば、なおのこと、それを存分に体感できるのではないでしょうか。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

翌日便

今からのご注文+350
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,944円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      アキラとあきら
      アキラとあきら

      池井戸潤

      1,080円(税込)

    2. 2
      プラージュ
      プラージュ

      誉田哲也

      745円(税込)

    3. 3
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    4. 4
      22年目の告白ー私が殺人犯ですー
      22年目の告白ー私が殺人犯ですー

      浜口 倫太郎

      712円(税込)

    5. 5
      虚ろな十字架
      虚ろな十字架

      東野圭吾

      691円(税込)

    1. 1
      LOVE NEST
      電子書籍LOVE NEST

      英田サキ

      400円(税込)

    2. 2
      アキラとあきら
      電子書籍アキラとあきら

      池井戸潤

      1,080円(税込)

    3. 3
      蜜蜂と遠雷
      電子書籍蜜蜂と遠雷

      恩田陸

      1,555円(税込)

    4. 4
      コップの中のドラゴン
      電子書籍コップの中のドラゴン

      図子慧

      11円(税込)

    5. 5
      ファミレス【上下 合本版】
      電子書籍ファミレス【上下 合本版】

      重松 清

      1,231円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ