アンテナ
  • Googleプレビュー

アンテナ (幻冬舎文庫)
田口ランディ

648円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2002年05月
  • 著者/編集:   田口ランディ
  • 出版社:   幻冬舎
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  362p
  • ISBNコード:  9784344402478

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大学院生・祐一郎の妹は、十五年前のある朝、忽然と消えた。必死にその行方を探した家族も、七年前の父の死から、母は新興宗教にのめり込み、弟は発狂していく。なんとか家族を支えようとする祐一郎だが、SMの女王様ナオミと出会ったことで封印してきた性欲が決壊し、急速に何かが変容し始めていた…。衝撃の話題作、文庫改稿版。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
田口ランディ(タグチランディ)
東京都生まれ。広告代理店、編集プロダクションを経て、ネットコラムニストとして注目される。初の長編小説『コンセント』がマスコミに絶賛され、ベストセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    39山ちゃん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年10月30日

    ランディさんらしい小説他の小説とのつながりもあり、いろんな作品をもっと読んでみたいと思います。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2006年05月27日

    結局 真利江ちゃんは、何故消えたの?
    謎が解けるお話ではないんですね…(^_^;)
    途中(最後の方とか特に)
    かなり気持ち悪かったりもしましたが。
    難しいことばかりです。
    分からないことばかりです。
    でも、なんか分かるような気もするんです。
    プライドとか、価値とか、トラウマとかは
    打ち破っていかなきゃいけないと思う。
    頭で考えてるだけじゃいけないと思う。
    人間って昔はもっと強かったんじゃないかな。
    今は、生きてる感じがしないというか、
    バイタリティがないというか。
    たぶんアンテナたってないですよ、自分。
    「なんか分かるような気もする」
    というか、
    よく分からないものを、
    分かった気になって読むのが
    好きなんです。たぶん。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    v_のん_v
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2006年02月10日

    『コンセント』の、続編。
    これまたセクシャル描写満載の、大人の小説。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

648円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    2. 2
      鹿の王 3
      鹿の王 3

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    3. 3
      鹿の王 4
      鹿の王 4

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    4. 4
      鹿の王 1
      鹿の王 1

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    5. 5
      女子中学生の小さな大発見
      女子中学生の小さな大発見

      清邦彦

      464円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ