母性の研究・新装版(仮)[大日向雅美]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

[新装版] 母性の研究 その形成と変容の過程:伝統的母性観への反証
大日向雅美

4,536円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2016年12月20日
  • 著者/編集:   大日向雅美
  • 出版社:   日本評論社
  • 発行形態:  単行本
  • ISBNコード:  9784535563582

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
母性研究のバイブル待望の復刊!!伝統的母性観が今よりさらに根強かった約30年前、子育てにそれぞれの思いを抱えた母親たちへの丹念な面接調査およびアンケート調査に基づき、母性の発達変容・母親意識の変遷を辿った画期的労作。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 日本における伝統的母性観とその問題点(母性研究の意義と必要性/母性概念をめぐる現状とその問題点/従来の母性研究の概略/研究上の視点および本書の展開)/第2部 母性の発達変容に関する研究報告ー伝統的母性観への反証として(母性発達と妊娠に対する心理的な構えとの関連性について/母親意識の世代差について/母親意識の発達変容について/母親の対人関係と子どもへのかかわり方との関連性について/母親の子どもに対する愛着ー夫に対する愛着との関連性について)/第3部 父性をめぐる現状とその問題点ー包性研究との関連性について(父親研究の意義と必要性/わが国における父権の特質および問題点/父親に関する心理学的研究/父親をめぐる課題および今後の父親像について)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大日向雅美(オオヒナタマサミ)
1950年神奈川県に生まれる。1973年お茶の水女子大学文教育学部卒業。1975年お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。1981年東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。1985年お茶の水女子大学より学術博士の学位を授与される。1989年恵泉女学園大学人文学部助教授。現在、恵泉女学園大学学長。NPO法人あい・ぽーとステーション代表理事。内閣府:社会保障制度改革推進会議委員、子ども・子育て会議委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

4,536円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ