【6月27日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
激論マイナス金利政策[日本経済研究センター]
  • Googleプレビュー

激論 マイナス金利政策
日本経済研究センター

2,700円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
■デフレからの完全脱却をねらいに導入された日銀のマイナス金利政策。銀行界は猛反発、その是非、妥当性をめぐり、議論は大きく割れています。「3次元金融緩和政策」ともいわれる前代未聞の政策は、どんな効果を上げているのか? どこが問題なのか?

■本書は、著名な経済学者らがマイナス金利政策に対する支持、あるいは批判的議論を展開。日本経済の行方を左右する前代未聞の政策の評価、今後の展望を行うものです。
吉川洋、浜田宏一、伊藤隆俊、池尾和人、翁邦雄氏、岩村充氏ら、著名な研究者、エコノミストがそれぞれ持論を展開。また、日銀からも雨宮理事、山口元副総裁ら、新旧執行部の政策担当者が参加。

■マイナス金利政策は、本当にデフレ脱却に効果があるのか? そもそも異次元金融緩和政策自体が問題だ、などの反対論から、金利の水準全体を押し下げ、投資を活発にし、経済浮揚に役立つとの賛成論まで、政策の論点がクリアに浮かび上がってきます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
異次元緩和の是非、功罪、展望。量的・質的緩和からヘリコプターマネーまで、日本銀行幹部、日銀OB、日本を代表する経済学者、エコノミストら15人の識者が日銀による実験的政策を徹底的に論じる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
マイナス金利政策について/自然利子率を低下させるマイナス金利政策ー金融政策の「サプライズ」にも大きな弊害/対論 マイナス金利政策(河野龍太郎vs若田部昌澄)/量的・質的緩和政策:若干の基礎的考察/金融政策とデフレーション/アベノミクスとマイナス金利政策/非伝統的金融政策に限界はあるか、マイナス金利を中心として/討論 マイナス金利下で市場はどう動く?/実験的金融政策の評価と課題/変容する量的・質的金融緩和/混乱からの出口はあるか/マイナス金利付き量的・質的金融緩和と日本経済

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと19

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

当日便

午前10時までのご注文+498
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,700円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ