実録大和銀行株主代表訴訟の闘い
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 法律 > 法律

実録大和銀行株主代表訴訟の闘い 被告が書いた詳細記録
寺田一彦

3,024円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2002年06月
  • 著者/編集:   寺田一彦
  • 出版社:   中経出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  293p
  • ISBNコード:  9784806116431

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平成一二年九月二〇日、経済界に衝撃が走った!「このような金額は個人ではとうてい支払うことはできない」(経団連会長(当時)談)。大阪地裁は、大和銀行ニューヨーク支店の一行員が起こした巨額損失事件の株主代表訴訟の判決として、役員一一名に七億七五〇〇万ドル(約八三〇億円)の損害賠償を命じた。この株主代表訴訟は、経営責任の重大さを再認識させたとはいえ、司法制度そのもののあり方が改めて問われた事件でもあった。平成一三年一二月に和解が成立するまでの六年間、被告として臨んだ裁判の経過を著者が克明にレポート。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第一 事件の始まり/第二 株主代表訴訟の始まり/第三 監査役としての対応/第四 大阪地方裁判所担保提供申立て裁判/第五 大阪高裁裁判担保提供裁判/第六 最高裁への特別抗告/第七 大阪地方裁判所本案裁判/第八 大阪高等裁判所本案裁判/第九 株主代表訴訟のポイント/第一〇 株主代表訴訟裁判を終えて

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
寺田一彦(テラダカズヒコ)
昭和34年、慶応義塾大学経済学部を卒業後、大和銀行に入行。平成2年、取締役に就任、取締役東京年金信託業務部長、常務取締役を歴任し、平成6年に常任監査役、平成9年に顧問になる。平成10年より日本金属工業の監査役に就任し現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,024円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    2. 2
      【予約】ほぼ日手帳公式ガイドブック2018
      【予約】ほぼ日手帳公式ガイドブック2018

      ほぼ日刊イトイ新聞

      1,728円(税込)

    3. 3
      鹿の王 3
      鹿の王 3

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    4. 4
      鹿の王 4
      鹿の王 4

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    5. 5
      なにがあってもずっといっしょ
      なにがあってもずっといっしょ

      くさのたき

      1,296円(税込)

    1. 1
      大白蓮華 2017年 8月号
      電子書籍大白蓮華 2017年 8月号

      大白蓮華編集部

      185円(税込)

    2. 2
      2157人ママのSEX事情
      電子書籍2157人ママのSEX事情

      108円(税込)

    3. 3
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      1,436円(税込)

    4. 4
      2100年の科学ライフ
      電子書籍2100年の科学ライフ

      ミチオ・カク

      2,052円(税込)

    5. 5
      「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
      電子書籍「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができな…

      汐街コナ

      1,296円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ