[楽天スーパーSALE] 半額セール&ポイント最大7倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
【12月4日23時00分~23時59分まで】  全品ポイント3倍以上! 
人工衛星から得られる地球観測データの使い方
  • Googleプレビュー

人工衛星から得られる地球観測デ-タの使い方
大林成行

2,808円(税込)2,600円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2002年06月
  • 著者/編集:   大林成行
  • 発行元:   大成出版社
  • 発売元:   大成出版社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  234p
  • ISBNコード:  9784802887496

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人工衛星を用いた地球観測データ収集の基礎/第2章 人工衛星から得られる主な地球観測データの特徴と収集方法/第3章 人工衛星から得られる地球観測データの利用体制と利用分野/第4章 地球観測データを利用していく上での留意点と技術開発項目/第5章 地球観測データのディジタルモザイク処理手法/第6章 地球観測データを用いた具体的な主題図作成事例/第7章 地球観測データの効果的な利用に際しての提言

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大林成行(オオバヤシシゲユキ)
東京理科大学教授(理工学部土木工学科)。工学博士。技術士。昭和40年3月神戸大学工学部土木工学科卒業。同42年3月神戸大学工学部修士課程土木工学専攻科修了。昭和42年4月(株)オリエンタルコンサルタンツ入社、道路部設計課勤務。同47年10月東京大学工学部生産技術研究所助手。同49年10月工学博士。同50年4月(株)オリエンタルコンサルタンツ入社、技術開発室課長。同53年4月東京理科大学理工学部助教授。同58年4月東京理科大学理工学部教授。同60年10月東京理科大学リモートセンシング研究所所長(兼務)。平成13年4月(財)日本建設情報総合センター理事。同10月平成13年度情報月間国土交通大臣個人表彰受章。同14年4月(株)国土情報技術研究所代表取締役社長。専門は土木計画学/リモートセンシング/建設用ロボット(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,808円(税込)2,600円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ