30万点以上の本がポイント最大10倍
【5月23日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
スノーデン、監視社会の恐怖を語る[小笠原みどり]
  • Googleプレビュー

スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
小笠原みどり

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

  • 発売日:  2016年11月30日頃
  • 著者/編集:   小笠原みどり
  • 出版社:   毎日新聞出版
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  191p
  • ISBNコード:  9784620324104

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
米国の世界同時監視システムの真実を告発して世界を震撼させたスノーデンに、日本人ジャーナリストが初の長時間インタビューを敢行。スノーデンの日本での工作活動の全貌、民間企業を抱き込んで行う通信傍受の実態、世論操作と市民運動破壊の方法、日米関係の不平等、監視と戦争の危険な関係…現代の恐るべき支配のすべてが明らかになる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 なぜ私はスノーデンをインタビューすることになったのかー日本のデジタル監視成立期を素描しつつ/第1章 たった一人の倫理的告発/第2章 危険を冒して真実を語る者ースノーデン独占インタビュー実現まで/第3章 「僕が横田基地でやっていた工作活動」-スノーデンと日本/第4章 「ターゲット・トーキョー」の衝撃ーNSAの日本での謀報活動/第5章 監視はテロを防げるかー殺戮と監視の連鎖をめぐって/第6章 現代の監視はどこから来たか/終章 監視が未来を消滅させるースノーデンのプライバシー論

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小笠原みどり(オガサワラミドリ)
1970年横浜市生まれ。ジャーナリスト。94年、早稲田大学卒業後、朝日新聞入社。社会部記者として住基ネット、監視カメラ取材などを牽引し、2004年退社、米スタンフォード大学でフルブライト・ジャーナリスト研修。カナダ・クイーンズ大学で日本の国民識別制度について修士号(社会学)取得。現在は同博士課程に在籍。報道の自由に関する記事、論考も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 怖い話・・・しかし現実
    pika2009
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年02月22日

    本当に如何に私たちは何も疑わずに生きて来たのか・・・
    恐ろしい・・・恐らく多くの人はまだ気づかずに過ごしている事でしょう。
    何時になれば目覚めるのか・・・それとも最後まで気づかないだろうか?

    1人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,512円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      虚ろな十字架
      虚ろな十字架

      東野圭吾

      691円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】アキラとあきら
      【入荷予約】アキラとあきら

      池井戸潤

      1,080円(税込)

    3. 3
      やりたいことがある人は未来食堂に来てください  「始める」「続ける」「伝える」の最適解を導く方法
      やりたいことがある人は未来食堂に来てく…

      小林せかい

      1,620円(税込)

    4. 4
      【予約】魔法科高校の劣等生(22) 動乱の序章編<下> (仮)
      【予約】魔法科高校の劣等生(22) 動乱…

      佐島 勤

      658円(税込)

    5. 5
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ