【4月27日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
訪問看護師ががんになって知った「生」と「死」のゆらぎ[川越博美]
  • Googleプレビュー

訪問看護師ががんになって知った「生」と「死」のゆらぎ
川越博美

1,728円(税込)1,600円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年01月04日頃
  • 著者/編集:   川越博美
  • 出版社:   日本看護協会出版会
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  287p
  • ISBNコード:  9784818020320

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
病や死は、いつも私たちの身近にある。月刊誌「コミュニティケア」好評連載。「訪問看護師ががん患者になって考えた死にゆく人に寄り添い支えること」全28回に大幅加筆!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 患者になって考えた(人生の危機は突然に/与えられた命を精一杯生きる ほか)/第2章 訪問看護の現場で考えた1 「最期まで家で過ごす」を支える(訪問看護事業の始まり/在宅療養を支える二十四時間ケア ほか)/第3章 訪問看護の現場で考えた2 在宅ケアは家族ケア(私の介護経験1-義母を看取る/私の介護経験2-実母を看取る ほか)/第4章 これからの在宅ケアを考える1 連携の現状に感じるもどかしさ(退院時のタイムラグ/退院支援で重要なこと ほか)/第5章 これからの在宅ケアを考える2 誰もが家で老いて死ねるまちに(在宅緩和ケアを担う訪問看護ステーションの実現/在宅緩和ケアで求められるチーム像 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
川越博美(カワゴエヒロミ)
1948年広島県生まれ。1971年聖路加看護大学(現・聖路加国際大学)卒業。広島女学院大学助手、ライフケアシステム訪問看護師などを経て、1992年老人訪問看護制度創設と同時に、白十字老人訪問看護ステーション(当時)所長。1997年聖路加看護大学地域看護学教授。2004年聖路加看護大学看護実践開発研究センター教授。現在、訪問看護バリアン看護部長、特定非営利活動法人すみだ在宅ホスピス緩和ケア連絡会あこも代表、聖路加国際大学臨床教授など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2017年04月17日 - 2017年04月23日)

     :第-位( - ) > 科学・技術:第7246位(↑) > 医学・薬学:第3202位(↑) > 看護学:第325位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

当日便

午前10時までのご注文+498
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,728円(税込)1,600円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ