経済指標のウソ世界を動かす数字のデタラメな真実[ザカリー・カラベル]
  • Googleプレビュー

経済指標のウソ 世界を動かす数字のデタラメな真実
ザカリー・カラベル

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
なぜ日本のGDPは一夜にして15兆円増えたのか? ときに政治家のクビを飛ばすほど重視されるGDPや失業率などの「経済指標」はもはや実態を反映していないーー。気鋭の経済評論家が歴史、理論、実態を丹念に解き明かすことで見えてくる「経済のデタラメな真実」とは? 前提知識不要の渾身のノンフィクション!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ときに政治家のクビを飛ばすほど重視されるGDPや失業率などの「経済指標」はもはや実態を反映していないー。2008年の国連による国民経済計算の改定のため、これまでGDPでは「費用」とみなされてきた「研究開発費」が「投資」として計上されるようになった。その結果、アメリカのGDPは約4000億ドル、日本のGDPは約16兆円、一気に上乗せされることになったー。今や世界を動かす「経済指標」の歴史、理論、実態に迫る!

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに 半世紀以上前の経済指標に価値はあるのか/第1章 すべての統計には意図があるー国勢調査/第2章 「失業者を数える」という無理難題ー失業率/第3章 家事労働に経済的価値はないのかーGDP/第4章 「所得」で世界の序列が決まるー国民経済計算/第5章 景況感は数値化できるのかー消費者信頼感指数/第6章 「物価の測り方」が政争の火種になるーインフレ率/第7章 経済指標が無条件に崇拝される/第8章 アメリカの対中貿易赤字はもとから存在しなかったー貿易収支/第9章 「幸福」は数値化できるのかー国民総幸福量/第10章 我々は経済指標とどう付き合うべきか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
カラベル,ザカリー(Karabell,Zachary)
アメリカの経済・投資情報会社リバー・トゥワイス・リサーチ代表。作家、投資家、コメンテーター。コロンビア大学、オックスフォード大学を経て、1996年にハーバード大学でPh.D.を取得。現代史や経済関係など11の著書がある

北川知子(キタガワトモコ)
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング(2017年06月26日)

     :第6470位(↑) > ビジネス・経済・就職:第617位(↑) > その他:第188位(↑)

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと8

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

翌日便

今からのご注文+350
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,944円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ