日本の近代とは何であったか問題史的考察
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

日本の近代とは何であったか 問題史的考察 (岩波新書)
三谷太一郎

6位 新書部門 楽天ブックス日別ランキング(2017年04月22日)ランキングを見る

950円(税込)880円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年03月22日頃
  • 著者/編集:   三谷太一郎
  • 出版社:   岩波書店
  • サイズ:  新書
  • ページ数:  288p
  • ISBNコード:  9784004316503

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
政党政治を生み出し、資本主義を構築し、植民地帝国を出現させ、天皇制を精神的枠組みとした日本の近代。バジョットが提示したヨーロッパの「近代」概念に照らしながら、これら四つの成り立ちについて解き明かしていく。学界を主導してきた政治史家が、日本近代のありようについて問題史的に考察する重厚な一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 日本がモデルとしたヨーロッパ近代とは何であったか/第1章 なぜ日本に政党政治が成立したのか(政党政治成立をめぐる問い/幕藩体制の権力抑制均衡メカニズム ほか)/第2章 なぜ日本に資本主義が形成されたのか(自立的資本主義化への道/自立的資本主義の四つの条件 ほか)/第3章 日本はなぜ、いかにして植民地帝国となったのか(植民地帝国へ踏み出す日本/日本はなぜ植民地帝国となったか ほか)/第4章 日本の近代にとって天皇制とは何であったか(日本の近代を貫く機能主義的思考様式/キリスト教の機能的等価物としての天皇制 ほか)/終章 近代の歩みから考える日本の将来(日本の近代の何を問題としたのか/日本の近代はどこに至ったのか ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
三谷太一郎(ミタニタイチロウ)
1936年岡山市生まれ。1960年東京大学法学部卒業。現在、日本学士院会員、東京大学名誉教授。専攻は日本政治外交史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2017年04月10日 - 2017年04月16日)

     :第635位(↓) > 新書:第22位(↓) > その他:第9位(→)

  • 日別ランキング(2017年04月22日)

     :第107位(↓) > 新書:第6位(↓) > その他:第3位(↓)

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

950円(税込)880円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      捨てられる銀行2 非産運用
      捨てられる銀行2 非産運用

      橋本 卓典

      864円(税込)

    2. 2
      応仁の乱
      応仁の乱

      呉座勇一

      972円(税込)

    3. 3
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

      ケント・ギルバート

      907円(税込)

    4. 4
      名探偵コナン から紅の恋歌
      名探偵コナン から紅の恋歌

      水稀 しま

      756円(税込)

    5. 5
      あの会社はこうして潰れた
      あの会社はこうして潰れた

      帝国データバンク情報部 藤森徹

      918円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ