君の膵臓をたべたい[住野よる]
  • Googleプレビュー

君の膵臓をたべたい
住野よる

4位 人文・思想・社会部門 楽天ブックス日別ランキング(2017年06月24日)ランキングを見る

720円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年04月27日
  • 著者/編集:   住野よる
  • 出版社:   双葉社
  • 発行形態:  文庫
  • ISBNコード:  9784575519945

商品説明

【内容情報】(出版社より)
ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていてーー。読後、きっとこのタイトルに涙する。デビュー作にして2016年本屋大賞・堂々の第2位、75万部突破のベストセラー待望の文庫化!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていてー。読後、きっとこのタイトルに涙する。「名前のない僕」と「日常のない彼女」が織りなす、大ベストセラー青春小説!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
住野よる(スミノヨル)
高校時代より執筆活動を開始。2015年『君の膵臓をたべたい』でデビュー。同作で2016年「本屋大賞」第2位、Yahoo!検索大賞“小説部門賞”など、数多くの賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    にゃぁ!!
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2017年06月07日

    どうも私にはあまり合わない作品だったようです。
    書き方が読みづらく、あまり感情移入出来ませんでした。ごめんなさい。

    1人が参考になったと回答

  • プレゼントに。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年05月26日

    私は単行本で先に読んでいました。シリアスな感じの恋愛小説は何度も読んでいますが、この小説は今までに出会ったことのない気持ちになりました。
    文章も難しくなく、小説を読むのが初めての人でも馴染みやすいのではないかな、と思います。
    ぜひ、母にも読んで貰いたかったので、文庫版が発売されたことを機にプレゼントしました。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年06月11日

    久々に泣ける本に巡り会いました。中年のおっさんでも泣けました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

当日便

午前10時までのご注文+498
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

720円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      アキラとあきら
      アキラとあきら

      池井戸潤

      1,080円(税込)

    2. 2
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    3. 3
      鹿の王 1
      鹿の王 1

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    4. 4
      【予約】プラージュ
      【予約】プラージュ

      誉田哲也

      745円(税込)

    5. 5
      政と源
      政と源

      三浦 しをん

      637円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ