飛鳥高探偵小説選(3)[飛鳥高]
  • Googleプレビュー

飛鳥高探偵小説選(3) (論創ミステリ叢書)
飛鳥高

3,888円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年04月05日頃
  • 著者/編集:   飛鳥高
  • 出版社:   論創社
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  378p
  • ISBNコード:  9784846016029

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
長編『死刑台へどうぞ』を巻頭に置き、「幻への逃走」や「東京完全犯罪」など、探偵小説専門誌以外に書かれた短編をまとめ、さらに単行本未収録の最新短編「とられた鏡」を初収録。本格ミステリを愛する日本推理小説文壇の最長老・飛鳥高の探偵小説選第三弾!

【目次】(「BOOK」データベースより)
創作篇(死刑台へどうぞ/見たのは誰だ/断崖/飯場の殺人/赤いチューリップ/誰が一服盛ったか/欲望の断層/幻への脱走/東京完全犯罪/荒涼たる青春/とられた鏡)/評論・随筆篇(尼僧に口説かれた青海島での幼年期/波のまにまに/草取り/騎馬型技術/歳月の墓標)/インタビュー 遠き歳月を追って(インタビュアー・廣澤吉泰)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
飛鳥高(アスカタカシ)
1921(大10)年、山口県生まれ。本名・鳥田専右。東京帝国大学工学部卒業。工学博士。1946(昭21)年、『宝石』懸賞探偵小説「犯罪の場」を投じて入選、翌年、同誌に掲載されデビュー。東北への転勤により、次作の発表は50年の「湖」となったが、以後は『宝石』や『探偵実話』などへ定期的に短篇を発表。62年に上梓した長編『細い赤い糸』で第15回日本探偵作家クラブ賞受賞。本業が多忙となり、「とられた鏡」(76)を最後に執筆が途絶えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

お急ぎの方へ!まだ間に合います

当日便

午前10時までのご注文+498
 にお届けできます

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,888円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      いつか別れる。でもそれは今日ではない
      いつか別れる。でもそれは今日ではない

      F

      1,404円(税込)

    2. 2
      アキラとあきら
      アキラとあきら

      池井戸潤

      1,080円(税込)

    3. 3
      虚ろな十字架
      虚ろな十字架

      東野圭吾

      691円(税込)

    4. 4
      業界地図の見方が変わる! 無名でもすごい超優良企業
      業界地図の見方が変わる! 無名でもすご…

      田宮 寛之

      907円(税込)

    5. 5
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ