【6月27日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
陶芸銅・マンガン・クロムを使った装飾技法[小山耕一]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

陶芸 銅・マンガン・クロムを使った装飾技法 金属顔料で新しい色彩表現に挑む
小山 耕一

2,592円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年05月09日
  • 著者/編集:   小山 耕一
  • 出版社:   誠文堂新光社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  128p
  • ISBNコード:  9784416517048

商品説明

【内容情報】(出版社より)
陶芸において発色の調整は、鉄やコバルト、銅、マンガン、クロムなどを主成分とする金属顔料によって行われる。
なかでも、近代になって入手しやすくなった銅・マンガン・クロムは、新しい装飾の可能性を秘めた素材と言える。

これらの金属がもたらすピンクや緑、青、紫色などの発色は、伝統的な作品にはなかったとても魅力的なものだが、
陶芸の歴史上まだまだ新しい素材であるため、これまで書籍でレシピや表現方法などが紹介されることはなかった。

本書では、象嵌や練上げ、化粧土装飾、掻き落とし、下絵付け、釉上彩などの技法と組み合わせて、
筆者オリジナルの技法で、本書のためにつくった参考作品とともに詳しく解説する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 図録(銅・マンガン・クロムで得られる豊かな色彩)/第2部 資料集(装飾“Decoration”/釉薬“Glaze”/テストピース一覧“Test piece”)/第3部 実例集(発色と発泡を確かめるテストピース/象嵌で発色させるたたらづくりの皿/練込模様を見せるたたらづくりのマグカップ/シリコンカーバイトで還元効果を得た花器/マンガンの化粧土を流したマーブル模様のプレート/クロムと銅の化粧土で描く渦巻き模様の丸皿/化粧土の矢羽根模様を活かした石膏型の皿/銅の化粧とマンガン釉でブロンズに発色させた皿/飛びカンナで銅を象嵌しマンガン釉を掛けた鉢/ブロンズ釉の二度焼きで線模様を装飾した丸壷)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小山耕一(コヤマコウイチ)
1960年東京都生まれ。1983年玉川大学文学部芸術学科陶芸コース卒業。日本陶芸倶楽部を経て、1990年東京都台東区竜泉に築窯。現在、日本工芸会正会員、日本陶芸美術協会会員、東京竜泉窯陶芸教室主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと8

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,592円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ