表象としての皇族[茂木謙之介]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

表象としての皇族 メディアにみる地域社会の皇室像
茂木 謙之介

9,180円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年05月22日
  • 著者/編集:   茂木 謙之介
  • 出版社:   吉川弘文館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  328p
  • ISBNコード:  9784642038676

商品説明

【内容情報】(出版社より)
戦前から戦後にかけ国民と接した皇族は、どのような存在として認識されていたのか。中央・地方の諸メディアに描き出された、昭和天皇の弟宮たちの像を、様々な視角から分析。天皇の代理/国民の代表という両義性を有した皇族像が、〈現人神〉言説や象徴天皇への転換など、それぞれの時代において天皇制システムの維持に果たした役割を追究する。

はじめに/序章 皇族表象研究という視座/〈現人神〉と国民のはざまー昭和戦前戦中期における皇族表象(利用・崇敬・規制ー宮内省と皇族表象/新聞メディアの中の皇族たちー『東京朝日新聞』『朝日新聞』を中心に/皇族図像の変遷過程ー『アサヒグラフ』を事例として/「御成」報道の文法ー『河北新報』における報道を中心に/津軽の秩父宮ー地域社会における皇族イメージの形成と展開)/2 象徴天皇(制)と変わらざる余白ー戦後期における皇族表象(自己表象の戦略性ー秩父宮自筆記事の分析から/戦後新聞メディアにおける残存ー『朝日新聞』における皇族表象/グラフ誌における連続性ー『アサヒグラフ』における皇族表象/戦後「御成」報道のレトリックー『河北新報』を中心に/残響する記憶ー戦後青森県域における皇族表象の生成)/終章 表象としての皇族

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦前から戦後にかけ国民と接した皇族は、どのような存在として認識されていたのか。中央・地方の諸メディアに描き出された、昭和天皇の弟宮たちの像を、様々な視角から分析。天皇の代理/国民の代表という両義性を有した皇族像が、“現人神”言説や象徴天皇への転換など、それぞれの時代において天皇制システムの維持に果たした役割を追究する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
皇族表象研究という視座/第1部 “現人神”と国民のはざまー昭和戦前戦中期における皇族表象(利用・崇敬・規制ー宮内省と皇族表象/新聞メディアの中の皇族たちー『東京朝日新聞』『朝日新聞』を中心に/皇族図像の変遷過程ー『アサヒグラフ』を事例として/「御成」報道の文法ー『河北新報』における報道を中心に/津軽の秩父宮ー地域社会における皇族イメージの形成と展開)/第2部 象徴天皇(制)と変わらざる余白ー戦後期における皇族表象(自己表象の戦略性ー秩父宮自筆記事の分析から/戦後新聞メディアにおける残存ー『朝日新聞』における皇族表象/グラフ誌における連続性ー『アサヒグラフ』における皇族表象/戦後「御成」報道のレトリックー『河北新報』を中心に/残響する記憶ー戦後青森県域における皇族表象の生成)/表象としての皇族

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
茂木謙之介(モテギケンノスケ)
1985年埼玉県に生まれる。2009年東北大学文学部人文社会学科日本史専修卒業。2011年東北大学大学院文学研究科人間科学専攻宗教学研究分野博士課程前期二年の課程修了。2015年東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。現在、独立行政法人日本学術振興会特別研究員、東京電機大学・東北工業大学・国立小山工業高等専門学校非常勤講師、博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

9,180円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ