奈良町ひとり陰陽師(仮)(メディアワークス文庫)[仲町六絵]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > ライトノベル > その他

奈良町ひとり陰陽師 (メディアワークス文庫)
仲町 六絵

637円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 奈良町ひとり陰陽師 637円
紙書籍版 奈良町ひとり陰陽師 637円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年06月24日
  • 著者/編集:   仲町 六絵
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  274p
  • ISBNコード:  9784048932301

商品説明

【内容情報】(出版社より)
古都・奈良にあって歴史的な趣きを残した町家が立ち並ぶ「奈良町」。そこで唯一の陰陽師・楠葉シノブが取り仕切るのは、奈良で起こる不思議の一切ーー。奈良には奈良の不思議あり。解決するは、奈良町ひとり陰陽師。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
古都・奈良にあって、歴史的な趣きを残した町家が立ち並ぶ「奈良町」。奈良町の一角にある「くすば菓子店」の息子・楠葉シノブは、奈良ではもう最後となる、由緒正しい陰陽師だった。シノブが取り仕切るのは、奈良で起こる不思議の一切。祭りの夜を待つ青衣の女人、ご機嫌ななめな女神様、走る大黒様まであらわれる奈良町で、猫又の墨香や幼馴染のゆかりに見守られながら、シノブは今日も不思議を解きほぐすー歴史薫る古都から贈る、優しいあやかしファンタジー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
お水取りで春が来る/女神とその弟子/走り大黒/春の終わりに/奈良には奈良の不思議あり

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
仲町六絵(ナカマチロクエ)
2010年に『典医の女房』で、短編ながら第17回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”を受賞。受賞作に大幅加筆した『霧こそ闇の』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

637円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ライトノベル

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ