つらさを乗り越えて生きる伝記・文学作品から人生を読む[山岸明子]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

つらさを乗り越えて生きる 伝記・文学作品から人生を読む
山岸 明子

2,376円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年06月10日
  • 著者/編集:   山岸 明子
  • 出版社:   新曜社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  208p
  • ISBNコード:  9784788515277

商品説明

【内容情報】(出版社より)
◆人生はつらいことの連続だ!
 『心理学で文学を読む──困難を乗り越える力を育む』で文学作品を取り上げ、心理学の言葉と理論で困難な人生に向き合う主人公を分析し、心理学の新しい魅力を開いた著者の第二弾です。今回は文学作品だけでなく、実在の人物の伝記やエッセイも取り上げ、罪悪感に苛まれたり、母親とうまくいかなかったり、精神的な病に陥るというように、人生の途上で遭遇して、その後の人生に大きな影響を与えることになった問題に、どのように対処したかを分析しています。誰しもが人生のどこかでつまずき、つらさを乗り越える困難に向き合います。そんなとき、何が生きる力となるのでしょうか。つらさを乗り越える条件とは何でしょうか。じっくり考える機会となる一冊です。
つらさを乗り越えて生きる 目次
まえがき

1章 子どもにとって「想像上の仲間」がもつ意味は何か
   ─六つの文学作品をめぐって
1 はじめに
2 移行対象の機能と意義
3 想像上の仲間
4 物語や小説に登場する「想像上の仲間」
(1)『アンネの日記』のキティ、『赤毛のアン』の二人の女の子、
『悪童日記』のクラウス
(2)『いけちゃんとぼく』のいけちゃん
(3)『思い出のマーニー』のマーニー
(4)『海辺のカフカ』のカラスと呼ばれる少年
5 六つのケースの比較
6 おわりに

2章 罪悪感は何に対してもたれ、償うために何がなされるのか
   ─イアン・マキューアン『贖罪』と中島京子『小さいおうち』
1 はじめに
2 望ましくない行動をした後の行動
3 望ましくない行動をした時にもたれる罪悪感
4 『贖罪』
5 『小さいおうち』
6 二つの小説における罪悪感とその後の行動
7 おわりに

3章 人は何を行動の基準にし、何に救いを求めるのか
   ─遠藤周作の信仰をめぐる六つの小説の変遷
1 はじめに
2 『黄色い人』─「なぜ悪いことをしないのか」
「悪いこととは何か」の問い
3 『黄色い人』『海と毒薬』─正しいとされていることへの疑問と
「正しさはあるのか」の問い
4 『沈黙』─西欧とは異なった道徳観
5 『死海のほとり』『イエスの生涯』─弱き人の信仰
6 『侍』─同伴者としてのイエス
7 おわりに

4章 幼少期に母親との関係が悪かった娘は、その後どうなるのか
   ─マリア・カラスと佐野洋子の場合
1 はじめに
2 マリア・カラスの場合
3 佐野洋子の場合
4 マリア・カラスと佐野洋子の共通点と相違点
5 おわりに

5章 なぜ高村智恵子は精神的に破綻したのか
   ─立ち直った二事例と比較して
1 はじめに
2 智恵子の生涯
3 智恵子の精神的破綻をもたらした要因
4 ナッシュと加賀谷に回復をもたらした要因
5 智恵子・ナッシュ・加賀谷の比較
6 おわりに

あとがき

装幀=新曜社デザイン室
カバー写真 : 高橋健太郎(kentaro-takahashi.com)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
子どもはつらさにどう対処しているか。心から離れない罪悪感にどう向きあったか。うまくいかない母娘関係を和解に導いたものは?誰もが人生のどこかでつまずき、つらさを乗り越える困難と向き合う。そんな時、何が生きる力となるのか。心理学者が文学作品、実在の人物の伝記やエッセイから読み解く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 子どもにとって「想像上の仲間」がもつ意味は何かー六つの文学作品をめぐって(移行対象の機能と意義/想像上の仲間 ほか)/2章 罪悪感は何に対してもたれ、償うために何がなされるのかーイアン・マキューアン『贖罪』と中島京子『小さいおうち』(望ましくない行動をした後の行動/望ましくない行動をした時にもたれる罪悪感 ほか)/3章 人は何を行動の基準にし、何に救いを求めるのかー遠藤周作の信仰をめぐる六つの小説の変遷(『黄色い人』-「なぜ悪いことをしないのか」「悪いこととは何か」の問い/『黄色い人』『海と毒薬』-正しいとされていることへの疑問と「正しさはあるのか」の問い ほか)/4章 幼少期に母親との関係が悪かった娘は、その後どうなるのかーマリア・カラスと佐野洋子の場合(マリア・カラスの場合/佐野洋子の場合 ほか)/5章 なぜ高村智恵子は精神的に破綻したのかー立ち直った二事例と比較して(智恵子の生涯/智恵子の精神的破綻をもたらした要因 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山岸明子(ヤマギシアキコ)
東京生まれ。東京大学教育学部教育心理学科卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。教育学博士(東京大学)。順天堂医療短期大学、順天堂大学医療看護学部、スポーツ健康科学部教授を歴任。専門は発達心理学・教育心理学。2014年定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

2,376円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ