楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
日本の覚醒のために内田樹講演集(犀の教室)[内田樹]
  • Googleプレビュー

日本の覚醒のために 内田樹講演集 (犀の教室)
内田樹

1,836円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年06月16日
  • 著者/編集:   内田樹
  • 出版社:   晶文社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  352p
  • ISBNコード:  9784794970312

商品説明

【内容情報】(出版社より)
グローバリズムに翳りがみえてきた資本主義末期に国民国家はどこへ向かうのか? これからの時代に宗教が担う役割は? ことばの持つ力をどう子どもたちに伝えるか? 戦中・戦後世代の経験から学ぶべき批評精神とは? 憲法をめぐる議論から浮かび上がる政権劣化の諸相……日本をとりまく喫緊の課題について、情理を尽くして語った著者渾身の講演集。沈みゆくこの国に残された希望の在り処とは?
1 資本主義末期の国民国家のかたち
2 これからの時代に僧侶やお寺が担うべき役割とは
3 伊丹十三と「戦後精神」
4 ことばの教育
5 私が白川静先生から学んだこと
6 憲法と戦争──日本はどこに向かうのか
付 SEALDs KANSAI京都でのスピーチ

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
沈みゆく国で語った、国家・宗教・憲法・戦争・言葉・教育…そして希望!待ったなしの現場で、あえて広げる思想の大風呂敷。日本をとりまく喫緊の課題について、情理を尽くした講演の記録。日本人よ、目覚めよ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 資本主義末期の国民国家のかたち/2 これからの時代に僧侶やお寺が担うべき役割とは/3 伊丹十三と「戦後精神」/4 ことばの教育/5 私が白川静先生から学んだこと/6 憲法と戦争ー日本はどこに向かうのか/付 SEALDs KANSAI京都集会でのスピーチ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
内田樹(ウチダタツル)
1950年、東京都生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。凱風館館長。神戸女学院大学文学部名誉教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論。『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で第6回小林秀雄賞、『日本辺境論』(新潮新書)で新書大賞2010受賞。第3回伊丹十三賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    とある塾経営者です
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年06月14日

    いつも目から鱗の示唆があります。文章の勉強にもなります。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと5

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,836円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ