【8月21日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
書架の探偵(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)[ジーン・ウルフ]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > 小説・エッセイ

書架の探偵 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
ジーン・ウルフ

2,376円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

???????拷?絎??1???????若??潟?????潟?
楽天Kobo 電子書籍版 書架の探偵 2,138円
紙書籍版 書架の探偵 2,376円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
推理作家のクローンとして公共図書館の書架に住まう男。彼の力を借りるべく、謎を携えた麗しき令嬢が図書館を訪れる。令嬢に貸し出された彼の元に立ちはだかった驚愕の事件とは……。SF界の巨匠、ジーン・ウルフの最新作にして、騙りに満ちたSFミステリ

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
図書館の書架に住まうE・A・スミスは、推理作家E・A・スミスの複生体である。生前のスミスの脳をスキャンし、作家の記憶や感情を備えた、図書館に収蔵されている“蔵者”なのだ。そのスミスのもとを、コレット・コールドブルックと名乗る令嬢が訪れる。父に続いて兄を亡くした彼女は、死の直前、兄にスミスの著作『火星の殺人』を手渡されたことから、この本が兄の不審死の鍵を握っていると考え、スミスを借り出したのだった。本に込められた謎とは?スミスは推理作家としての知識と記憶を頼りに、事件の調査を始めるが…。巨匠ウルフが贈る最新作にして、騙りに満ちたSFミステリ。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ウルフ,ジーン(Wolfe,Gene)
1931年ニューヨーク生まれ。1965年、短篇“The Dead Man”でデビュー。1980年より刊行が開始された四部作“新しい太陽の書”は多くの賞を受賞、SF/ファンタジイ史上最高のシリーズと評されている

酒井昭伸(サカイアキノブ)
1956年生、早稲田大学政治経済学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,376円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    2. 2
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    3. 3
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部 宏治

      907円(税込)

    4. 4
      戦争と平和
      戦争と平和

      百田 尚樹

      820円(税込)

    5. 5
      「代謝」がわかれば身体がわかる
      「代謝」がわかれば身体がわかる

      大平万里

      993円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ