北海道/地域産業と中小企業の未来成熟社会に向かう北の「現場」から[関満博]
  • Googleプレビュー

北海道/地域産業と中小企業の未来 成熟社会に向かう北の「現場」から
関 満博

7,776円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年08月08日
  • 著者/編集:   関 満博
  • 出版社:   新評論
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  536p
  • ISBNコード:  9784794810755

商品説明

【内容情報】(出版社より)
1987年8月、新日鐵と日本製鋼所の企業城下町・室蘭の「現場」に筆者は初めて立った。それに先立つ同年2月、新日鐵は日本の産業構造の歴史的転換ともいえる合理化案を発表、全国の高炉を大幅に削減した。特に室蘭製鐵所については、四基の高炉のうち唯一残った第二号炉をも休止するとされ、現地の関連中小企業に不安が広がっていた。
 北海道の人口は1900年の約98万から、100年後の2000年には約568万とおよそ6倍に増加したが、1995年をピークに人口減少と高齢化の過程に入っている。他方、1900年には4万人強に過ぎなかった札幌市の人口はその後一貫して増加し、いまや195万人(2015年)の大都市に成長した。
 この間、かつて北海道の基幹産業であった炭鉱と北洋漁業は大幅に減退、また鉄鋼の室蘭、造船の函館、製紙の苫小牧などの企業城下町は構造的な不況の中で苦しんできた。このうち苫小牧にはトヨタ自動車北海道が進出し、近年ではその事業が軌道に乗り、本州方面から関連諸企業が進出、地場企業の一部も参入するなど、新たな可能性も感じられる。
 基幹の農畜水産業では、優れた素材を本州に提供するばかりではなく、課題だった6次産業化等による高付加価値化へ向かう動きが加速している。さらに、大都市となった札幌には人材も集まり、新たな事業が登場しつつある。
 だが、それ以外の地域は急激な人口減少と高齢化が著しく、産業も縮小している。人口、産業ともに札幌大都市圏への一極集中が激しい。働く場がなければ人は暮らせない。人材がいなければ産業も企業も起きない。北海道が成熟社会の中でより豊かになっていくためには、各地の人材育成、地域産業の振興が最大の課題である。
 本書ではこのような問題を地域産業の「現場」からすくい上げ、北海道の産業集積と地域産業社会の今後の課題と可能性を論じていく。(せき・みつひろ)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと9

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

7,776円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ