眼差しの世界視覚社会学の展開[北澤裕]
  • Googleプレビュー

眼差しの世界 視覚社会学の展開
北澤 裕

4,536円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年07月04日
  • 著者/編集:   北澤 裕
  • 出版社:   三和書籍
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  403p
  • ISBNコード:  9784862512352

商品説明

【内容情報】(出版社より)
各章の内容を簡単に要約すると、見ることの構成的な意義は何を見るのかによって異なってくる。したがって、第一章では「イメージ」を見ることに焦点を合わせ、現実とは既成の事柄ではなくイメージを見ることによって構成されるという点を、イメージの現実からの遠のきと呼び戻しという動的特性、およびイメージが含み持つレトリックの役割、さらにはイメージを見ることと、本物とか真正なこととはいかなる関係に置かれているのかを考慮に入れながら検討している。
次の二つの章は、イメージから「現実」を見ることに論点を移行させ、現実での身体視覚的な移動が何をするのかを問うている
続く三つの章では、一般抽象的なイメージや現実ではなく、「身振り」、「フィギュア」、「フェティッシュ」という個別特殊な事柄に視点を移し、これらを見ることの意義を追って行く。
次の第七章は、前章の効果といった見ることの因果連関を拡張し、見ることによる対象の「接続統合」について触れている。
最後の第八章では、従来の物語的自己の概念に替え、視の移動により顕現するニューラル・パターンを「挿話的自己」として立て、ニューロ・サイエンスとニューロ・フィロソフィーが唱える自己と世界との「一元論」を援用することで、内的な自己と外的な社会や世界を対立的に二分化する「二元論」を打ち消し、見ることは自己、社会、世界を相互に浸透、内属させて共に同時に同一のものとして構成することを示し、全体の内容の補強を行っている。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
視覚や見る行為自体に焦点を合わせ、その特性を社会学的に明らかにする。見ることが人や社会などをどのように作り上げて行くのか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 “夢見る瞳”と“旅する眼”/第2章 “視覚”を眺めるークリナメンによる他性の構築/第3章 凝視の廃位ー注目の戴冠/第4章 “器官なき身体”への眼差しー反復・変様・回帰/第5章 物語の視覚ーリマソン・ループと“世界制作”/第6章 フェティッシュの視的な効果/第7章 接続・接続・接続…-視のプラトーと脱記号/第8章 世界の自己化は自己の世界化ー視的一元性

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
北澤裕(キタザワユタカ)
早稲田大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程修了。博士(文学)。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専門:現代社会論、視覚文化論、視覚社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと7

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

4,536円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ