【8月24日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
土木技術の古代史(古代史)[青木敬]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

土木技術の古代史 (古代史)
青木 敬

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年09月18日
  • 著者/編集:   青木 敬
  • 出版社:   吉川弘文館
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  288p
  • ISBNコード:  9784642058537

商品説明

【内容情報】(出版社より)
古代から、土木技術は社会発展の礎となってきた。日本各地の古墳や名だたる仏教寺院・宮殿建築を生み出してきた伝統的工法を、豊富な遺構の発掘成果とともに紹介し、中国・朝鮮半島の事例に大陸からの影響をたどる。政治的支配や外交、信仰と土木とのかかわりを手がかりに、人々がどのような社会を目指したのかを、古代の先端技術から照射する。
土木技術と歴史ープロローグ/列島を二分した技術ー古墳時代前期(弥生墳丘墓から古墳へ/東日本的工法/西日本的工法/低地に古墳をつくる)/脆弱だった東西の融合ー古墳時代中期(巨大化する前方後円墳 /土嚢・土塊積み技術の出現/東日本における西日本的工法の導入)/古墳の転換点ー古墳時代後期(土嚢・土塊積み技術の展開/高大化する墳丘ー大陸・半島の影響)/仏教寺院と土木技術ー飛鳥時代(版築の出現/飛鳥寺の建立と百済/大陸からやってきた版築技術ー華北の影響/もうひとつの基壇構築技術ー新羅の影響/築堤と道路敷設ー敷粗朶・敷葉工法の導入/建物造営体制を復元するー掘立柱建物の柱掘方)/寺院・宮殿建築の変容ー奈良時代(掘込地業が意味するもの/東大寺法華堂を掘る/薬師寺東塔を掘る/土木技術の変容ー合理化の時代へ)/土木技術からみた日本古代史ーエピローグ

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

予約受付中

1,944円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ