新編石川啄木
  • Googleプレビュー

新編石川啄木 (講談社文芸文庫)
金田一京助

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2003年03月
  • 著者/編集:   金田一京助
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  312p
  • ISBNコード:  9784061983274

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
二十代で夭逝した天才歌人石川啄木と同郷の先輩で親友、言語学者として大成した著者は、啄木の才能を惜しんで、時に生活を共にし、陰に陽に物心両面で彼を支えた。後年、折にふれて綴った啄木追慕の文章は、人間啄木の素顔を活写し、『定本 石川啄木』として本に纏まった。本書は、『定本 石川啄木』に「啄木の追憶」「啄木の終焉」など五編を増補し、新たに編集したものである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
切れ凧/宿命/生い立の記/『あこがれ』時代/流離から再会へ/菊坂町時代の思出から/蓋平館時代の思出から/蓋平館時代の思い出/弓町時代の思い出から/友人として観た人間啄木/啄木の追憶/晩年の思想的展開/自己革命の生涯/啄木の終焉/啄木の到達した心境/石川啄木略伝

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
金田一京助(キンダイチキョウスケ)
明治15(1882)年5月5日、盛岡市の生まれ。言語学者。父・久米之助、母・安の長男。明治25年、盛岡高等小学校に入学。29年、盛岡中学校入学。文学的才能に秀で新詩社社友となり「明星」に作品発表。37年、東京帝大文科大学入学。39年、アイヌ語実地探査のため北海道に渡る。ユーカラを筆録。40年、大学卒業。42年12月、林静子と結婚。11年、国学院大学教授。昭和7年、『アイヌ叙事詩 ユーカラの研究』により学士院恩賜賞を受ける。14年より『明解国語辞典』(昭18・三省堂)の編集に従う。29年、文化勲章受章。32年、歌会始召人になる。昭和46(1971)年11月14日死去。享年90(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,404円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    2. 2
      あきない世傳金と銀(4)
      あきない世傳金と銀(4)

      高田郁

      626円(税込)

    3. 3
      そして誰もいなくなった
      そして誰もいなくなった

      アガサ・クリスティ

      820円(税込)

    4. 4
      岳飛伝 10 天雷の章
      岳飛伝 10 天雷の章

      北方 謙三

      648円(税込)

    5. 5
      ナミヤ雑貨店の奇蹟
      ナミヤ雑貨店の奇蹟

      東野圭吾

      734円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ