松本清張探求
  • Googleプレビュー

松本清張探求 1960年代平野謙の松本清張論・推理小説評論
平野謙

2,700円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2003年06月
  • 著者/編集:   平野謙森信勝
  • 出版社:   同時代社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  227,
  • ISBNコード:  9784886834997

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平野謙による清張作品の解説・評論を、全収録した画期的編集作業、ついに成る!ここには、人間・清張の再発見と、推理小説世界の新発見が満ちている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 松本清張文学の出発/第2章 作家的共感の伝記小説/第3章 歴史小説を通じての現代的関心/第4章 『点と線』論/第5章 長篇推理小説『ゼロの焦点』『時間の習俗』/第6章 松本清張における推理小説の特徴/第7章 松本清張の文学的エッセンス/第8章 長篇小説・古代史・ノンフィクション/第9章 戦後推理小説の復活背景と文学化/第10章 百花繚乱の推理小説各派多彩な展開

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
平野謙(ヒラノケン)
明治40年(1907)10月30日、京都市上京区聖護院町、京都帝国大学付属病院にて出生。本名は平野朗。大正14年(1925)3月、岐阜中学校を卒業。8月、『文芸日本』一巻五号の「特輯コント号」に応募した掌編小説「指」が入選。昭和5年(1930)4月、第八高等学校卒業、東京帝国大学文学部社会学科に入学。昭和10年(1935)4月、はじめて平野謙の筆名で『進歩』に最初の文芸時評「島木健作の評価について」を発表。昭和12年(1937)4月、東京帝国大学文学部美学科に再入学。昭和15年(1940)3月、東京帝国大学文学部美学科卒業。昭和38年(1963)8月、『文芸時評』を河出書房新社より刊行、第十七回毎日出版文化賞を受賞。昭和44年(1969)『文芸時評』に第十一回毎日芸術賞を受賞。昭和50年(1975)11月、『さまざまな青春』に第二十八回野間文芸賞。昭和52年(1977)6月、芸術院恩賜賞を叙勲。昭和53年(1978)2月、クモ膜下出血で東京都世田谷区二子玉川の日産厚生会病院に入院。4月3日、同病院で死去

森信勝(モリノブカツ)
1938年12月長野県松本市に生れる。新聞記者の父とともに家族は長野・岐阜・愛知・三重の各県を転居。父の死後、母の郷里静岡県浜松市に移住。遠州鉄道入社。静岡県立静岡城北高等学校通信制卒業。遠州鉄道定年退職後、自営業のかたわらライフワークに松本清張文学・地方鉄道史およびLRT(次世代型路面電車)敷設の研究。松本清張関係蔵書2000冊。松本清張記念館友の会会員。鉄道史学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

2,700円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ