【9月22日10時00分~9月25日9時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
日本企業よ自分を貫け
  • Googleプレビュー

日本企業よ自分を貫け 日米の企業経営を比較する
高木哲也

1,836円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2003年10月
  • 著者/編集:   高木哲也
  • 出版社:   草思社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  277p
  • ISBNコード:  9784794212580

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
二〇〇〇年以降アメリカは大きく変貌した。ネット・バブルの崩壊、景気拡大の永続を唱えたニューエコノミー論の消滅、規制緩和による電力危機、エンロンを初めとする大企業の一連のスキャンダル、そして悪夢のような9・11。長年米国にあって、日本の現地法人の経営者と経営コンサルタントをつとめるなど、米国社会の中で仕事をし生活し、その社会の動きをつぶさに観察し続けてきた著者が、この激動の時代に、日本企業はどのような道を進むべきかを提言する。エコノミストや学者の論文からは知ることができない大変動の意味を明らかにした実務家による貴重な一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 日米企業経営にみるちがい(エンロン、ワールドコムから学ぶべきことはなにか/利益責任(株主価値責任)か雇用責任か/アメリカのCEOの特質と企業不祥事の背景はなにか ほか)/第2部 変化・変貌がすすむアメリカ(二〇〇一年九月十一日以後、アメリカはどう変わったか/アメリカ人は家族関係をどのようにたもっているか/多様化がすすむアメリカ社会の将来をどう考えるか ほか)/第3部 日本社会への提案・提言(日本で「失われた」のは一〇年か、二〇年ではないのか/日米サラリーマンの価値観・仕事観はどこがちがうか/アメリカ人を使うとき気をつけるべきことはなにか ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
高木哲也(タカギテツヤ)
1936年東京生まれ。60年慶応義塾大学経済学部を卒業。現ヤマハに入社。広島支店長、社長室長などを経て、ヤマハの現地法人である現ヤマハ・コーポレーション・オブ・アメリカに勤務。取締役副社長などを歴任ののち90年退社。同時にT.T.インターナショナルIncを設立。現在アメリカ在住の経営コンサルタントとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,836円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ