【8月24日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
軍艦メカ開発物語新装版
  • Googleプレビュー

軍艦メカ開発物語新装版 海軍技術かく戦えり (光人社NF文庫)
深田正雄

720円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2003年12月
  • 著者/編集:   深田正雄
  • 出版社:   潮書房光人社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  282p
  • ISBNコード:  9784769821496

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
海上決戦の勝敗優劣を決するものは海軍技術の研究開発、その実用化が時宜に適うか否かにあるー大艦巨砲、潜水艦、空母などは、いかなるシステムでどのように動くのか。またそれらを誰がどのように研究、維持整備するのか。人艦一体となって全能力を発揮すべく努めた技術士官たちの戦いを描いた軍艦兵器物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
揚錨機/潜水艦操縦練習機/着艦制動機と射出機/射撃指揮管制装置/発砲装置/発砲回路/標的艦の無線操縦/砲身運動制限装置/機銃射撃装置/水中聴音機〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
深田正雄(フカダマサオ)
大正2年3月、福島市に生まれる。昭和10年、東北大学工学部電気工学科を卒業、海軍造兵中尉に任官。昭和20年、海軍技術中佐。その間、連合艦隊司令部付をへて佐世保工廠造兵部部員、呉工廠電気部部員、海軍艦政本部第三部部員として、電気兵器の計画・設計・製造、艦船および陸上兵装の計画・実施を担当する。終戦後、松下電器産業テレビ事業部、技術本部業務部長、昭和51年より(社)関西電子工業振興センター専務理事、昭和57年、退任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 日本海軍メカ情報のゲット
    7nanaなな
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2008年03月22日

    1920〜1940年ごろの軍艦の電気デバイスの在りようが見えてきます。なかなか面白かったです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

720円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】カエルの楽園
      【予約】カエルの楽園

      百田 尚樹

      561円(税込)

    2. 2
      あきない世傳金と銀(4)
      あきない世傳金と銀(4)

      高田郁

      626円(税込)

    3. 3
      インデックス
      インデックス

      誉田哲也

      799円(税込)

    4. 4
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    5. 5
      アイネクライネナハトムジーク
      アイネクライネナハトムジーク

      伊坂幸太郎

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ