「勝者の裁き」に向きあって
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

「勝者の裁き」に向きあって 東京裁判をよみなおす (ちくま新書)
牛村圭

885円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2004年03月08日
  • 著者/編集:   牛村圭
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  286p
  • ISBNコード:  9784480061621

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
国家の戦争犯罪が法廷で裁かれたのは、第二次世界大戦後の“ニュルンベルク裁判”と“東京裁判”が初めてである。それは勝者である連合国が創設した裁判所憲章に準拠し、従来の「通例の戦争犯罪」に加え、「平和に対する罪」と「人道に対する罪」という新しい法概念を含んでいた。「勝者の裁き」の場に引き出されながらも、冷静な眼差しで対処した「A級戦犯」重光葵の起訴から判決までの軌跡を、精緻な読みで分析し、東京裁判の実像に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 東京裁判論のなかの「勝者の裁き」/第2章 天長節に爆弾ふたたび/第3章 巣鴨の住人と「勝者の裁き」/第4章 国境を越えた援軍/第5章 「勝者の裁き」も終盤へ/第6章 戦い終えて

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
牛村圭(ウシムラケイ)
1959年金沢市生まれ。東京大学文学部(仏語仏文学)卒業。同大学院(比較文学比較文化)、シカゴ大学大学院(歴史学)、各博士課程修了。学術博士。カナダ、アルバータ大学客員助教授(日本語日本文学)等を経て、現在、明星大学青梅校助教授。近現代日本の思想史(比較文化論、文明論)が学術上の主要な関心である。『「文明の裁き」をこえて-対日戦犯裁判読解の試み』(中公叢書、2001年)で第10回山本七平賞を受賞。その英訳は国際文化会館から2003年に刊行された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

885円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      戦争と平和
      戦争と平和

      百田 尚樹

      820円(税込)

    2. 2
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    3. 3
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造
      知ってはいけない 隠された日本支配の構造

      矢部 宏治

      907円(税込)

    4. 4
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    5. 5
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
      儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

      ケント・ギルバート

      907円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ