華禍
  • Googleプレビュー

華禍 こんなに中華主義が怖いわけ
黄文雄

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2004年10月
  • 著者/編集:   黄文雄
  • 出版社:   ワック
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  250p
  • ISBNコード:  9784898310786

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「華禍」とは何か-。それは軍事的な脅威も含めた、中国の複合的な脅威のことである。「黄禍」も「白禍」も、世界地図を二分した「赤禍」も、いまではすでに過去のものになろうとしている。これに対して、幻想でも杞憂でもなく、もっと現実的な脅威が、ほかならぬ「華禍」なのだ。実際には、すでに日本人だけではなく、全地球的な規模の危機をもたらしつつある。いったい「華禍」はどこまで世界に蔓延し、文明の危機、さらには人類の生存の危機を脅かしているのか。世界が腐蝕されているその脅威と恐怖を明らかにしたい。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「華禍」の恐怖は「黄禍」を超える/第2章 原理主義より中華主義が怖い/第3章 流民と植民で膨張を続ける中華帝国/第4章 中国の「平和的浸透力」はやがて世界を埋め尽くす/第5章 世界にはびこる中国国際流民の凶悪犯罪/第6章 世界を脅かすニセモノと仮面の中国/第7章 世界を襲う中国発の疫病と地球汚染/第8章 軍国主義へ狂奔する中国の行方

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
黄文雄(コウブンユウ)
文明史家、評論家。1938年台湾生まれ。64年来日し、早稲田大学商学部を卒業、明治大学大学院修士課程を修了。『中国之没落』(台湾、1991年)が大反響を呼んで以来、旺盛な執筆・評論活動を展開しており、次々と問題作・話題作を世に問うている。巫永福文明評論賞、台湾ペンクラブ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,620円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      魔法科高校の劣等生(23) 孤立編
      魔法科高校の劣等生(23) 孤立編

      佐島 勤

      658円(税込)

    2. 2
      ほぼ日手帳公式ガイドブック2018 LIFEのBOOK
      ほぼ日手帳公式ガイドブック2018 LIFEの…

      ほぼ日刊イトイ新聞

      1,728円(税込)

    3. 3
      仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること
      仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、い…

      鈴木 貴博

      907円(税込)

    4. 4
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    5. 5
      インデックス
      インデックス

      誉田哲也

      799円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ