楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
古典群
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 数学

古典群 不変式と表現 (シュプリンガー数学クラシックス 15巻)
H.ワイル

5,184円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、19世紀に盛んに行われた不変式の理論を押し進め、さらに不変式論の立場からリー群の表現論を展開している。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 序論/第2章 ベクトル不変式/第3章 行列代数と群環/第4章 対称群と全線形群/第5章 直交群/第6章 シンプレクティック群/第7章 指標/第8章 不変式の一般理論/第9章 行列代数再論/第10章 補遺

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ワイル,H.(Weyl,Hermann)
1885年、ドイツのエルムスホーン生まれ。ミュンヘン大学、ゲッティンゲン大学などで学ぶ。1908年、ゲッティンゲン大学でD.ヒルベルトの指導を受け、特異積分方程式に関する論文で博士号を取得。チューリヒ工科大学、ゲッティンゲン大学を経て、1933年から52年までプリンストン高等研究所教授。生涯を通じて数学の多くの分野の発展に寄与したが、特にリーマン面の理論、微分作用素のスペクトル理論、加法的整数論、微分方程式論、積分方程式論などに重要な業績がある。さらに、微分幾何学の相対性理論への応用や群論の量子力学への応用など、物理学においても大きな功績を残した。1955年、スイスのチューリヒにて歿

蟹江幸博(カニエユキヒロ)
’76年3月、京都大学大学院理学研究科博士課程修了。三重大学教育学部教授。理学博士。専門はトポロジー、表現論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

5,184円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ