保元・平治の乱を読みなおす
  • Googleプレビュー

保元・平治の乱を読みなおす (NHKブックス)
元木泰雄

1,047円(税込)970円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2004年12月
  • 著者/編集:   元木泰雄
  • 出版社:   日本放送出版協会
  • サイズ:  全集・双書
  • ページ数:  243p
  • ISBNコード:  9784140910177

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
貴族から武士へという、時代の主役の移り変わりを象徴する古代末期の兵乱、保元・平治の乱。武士を主人公として語られてきた通説を打破し、王家・摂関(せっかん)家の嫡流争いと、新興貴族である院近臣と軍事貴族の利害対立が複雑に絡み合う院政期の混乱した政治状況を描き出す。平清盛(たいらのきよもり)の関与の低さ、後白河上皇の立場の脆さ、藤原信頼の逞しさなど、これまで語られたことのない乱の実体を、いま明らかにする。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 分裂する政界-鳥羽院政期の政情(王家の内紛/摂関家分裂/武者の世、前夜)/第2章 帝王と上皇-保元の乱の勃発(政界の激変/治天の君の死去/兵乱の勃発)/第3章 激闘の果て-保元の乱の結果(戦闘の展開/敗者の運命/勝者たちの明暗)/第4章 新たな闘い-平治の乱の前提(政界の勢力地図/打倒信西/信頼の勝利)/第5章 闘いの終息-平治の乱の結末(天皇・上皇の脱出/後白河側近の全滅/最後の勝者)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
元木泰雄(モトキヤスオ)
1954年兵庫県生まれ。1983年京都大学大学院文学研究科博士課程指導認定退学。大手前女子大学助教授、京都大学総合人間学部助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻は中世前期政治史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,047円(税込)970円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      野村證券第2事業法人部
      野村證券第2事業法人部

      横尾 宣政

      1,944円(税込)

    2. 2
      九十歳。何がめでたい
      九十歳。何がめでたい

      佐藤 愛子

      1,296円(税込)

    3. 3
      嫌われる勇気
      嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,620円(税込)

    4. 4
      ドヤ顔柴犬どんぐり
      ドヤ顔柴犬どんぐり

      宮路ひま

      1,188円(税込)

    5. 5
      身近な人が亡くなった後の手続のすべて
      身近な人が亡くなった後の手続のすべて

      児島明日美

      1,512円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ