奇想の図譜
  • Googleプレビュー

奇想の図譜 (ちくま学芸文庫)
辻惟雄

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2005年04月06日
  • 著者/編集:   辻惟雄
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  306p
  • ISBNコード:  9784480089090

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本の美を貫くモチーフはなにか。『奇想の系譜』でセンセーションを巻き起こした当代一の美術史家が、縄文土器以来の歴史を渉猟しつつ、日本美術の独創的なおもしろさを掬いとり、その源泉を探る。をこ絵、絵巻、屏風絵から若冲、白隠、写楽、北斎の作品まで、そこに伏流する日本人の好奇心、奔放で闊達な「あそび」の精神、現世を金色の浄土に変化させる「かざり」への情熱を縦横に論じる。奇想から花開く鮮烈で不思議な美の世界へ読者をいざなう、刺激的な日本美術案内。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 自在なる趣向(北斎のワニザメ/波の変幻/浮世の眺めー舟木家本「洛中洛外図」/「からくり」のからくり)/2 アマチュアリズムの創造力(若冲という「不思議の国」-「動植綵絵」をめぐって/稚拙の迫力ー白隠の禅画/写楽は見つかるか?-ある架空の問答)/3 「かざり」の奇想

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
辻惟雄(ツジノブオ)
1932年、名古屋市生まれ。美術史研究家。東京大学大学院美術史博士課程中退。東京国立文化財研究所美術部技官、東北大学文学部教授、東京大学文学部教授、国立国際日本文化研究センター教授、千葉市美術館館長、多摩美術大学学長などを歴任。ユニークな視点で、従来あまり注目されてこなかった日本人の美意識、日本美術におけるエキセントリックな表現や「かざり」「アニミズム」などの遊びの精神の発掘を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    きゆでひ
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2006年10月16日

    『奇想の系譜』に比べると、ちょっと面白くなかったです。
    でも内容的には本格的で面白かったです。特に洛中洛外図の話の所が自分的には良かったです

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,512円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    2. 2
      打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
      打ち上げ花火、下から見るか?横から見る…

      大根 仁

      604円(税込)

    3. 3
      あきない世傳金と銀(4)
      あきない世傳金と銀(4)

      高田郁

      626円(税込)

    4. 4
      そして誰もいなくなった
      そして誰もいなくなった

      アガサ・クリスティ

      820円(税込)

    5. 5
      インデックス
      インデックス

      誉田哲也

      799円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ