【8月21日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
秩父事件を歩く(第1部)新装版
  • Googleプレビュー

秩父事件を歩く(第1部)新装版 秩父困民党の人と風土
戸井昌造

3,024円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2005年05月
  • 著者/編集:   戸井昌造
  • 出版社:   新人物往来社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  314p
  • ISBNコード:  9784404032478

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
明治十七年十一月、秩父山地の困窮農民は武器を手に椋神社に集結。武装革命軍は高利貸や官庁、警察を襲撃、一万人にふくれあがる。映画「草の乱」の原点となった秩父事件を描く民衆史の金字塔。

【目次】(「BOOK」データベースより)
風布(長瀞町側/寄居町側)/寄居町諸村(金尾・秋山・三品・西ノ入・桜沢)/下日野沢/上日野沢・阿熊/石間(半根古-沢口/漆木-半納/半納横道の戦闘)/石間周辺の峠みち(粟野山・阿熊峠・小川峠・太田部)/下吉田/上吉田/小鹿野町

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
戸井昌造(トイショウゾウ)
1923年、兵庫県生まれ。画家。43年12月、学徒兵として入営。45年3月、中国に赴任。敗戦後、10カ月の捕虜生活を経て復員。早稲田大学政経学部に復学したが中退。劇団プークなどで民主主義的芸術・文化活動に従事したのち、いくつかの職業を経て、画業に専心する。その一方、各地の民俗行事の調査活動とともに、秩父事件などの民衆運動を探究し、さまざまな反戦平和運動の支持活動を行う。2000年4月、病没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    薄荷童子
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年10月11日

    歴史の授業でこの事件を知りました、読めば読むほど興味が出る。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,024円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ