農産物価格論
  • Googleプレビュー

農産物価格論 米価形成の機構に関する研究
新沢嘉芽統

3,780円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1986年06月
  • 著者/編集:   新沢嘉芽統
  • 出版社:   有斐閣
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  178p
  • ISBNコード:  9784641064676

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 米価形成の機構-地主制を中心として農地改革後に及ぶ(小作料の規定要因/米価に対する競争農産物の影響/農民諸階層の米の供給事情/米の需要事情/小作料現物形態の必然性/水田経営における資本制企業形態の不成立/米価における価値実現問題/諸説に対する短評)/第2部 理論的前提に対する見解と補論(市場価値と差額地代/生産価格と地代/労働力の価値と賃金の変動/開墾・土地改良のための土地資本/水利規制封建遺制説の批判)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,780円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ