夏目漱石論
  • Googleプレビュー

夏目漱石論
佐藤泰正

4,644円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1986年11月
  • 著者/編集:   佐藤泰正
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  427p
  • ISBNコード:  9784480822154

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
新たな「個性」と自己主張を持った女が家庭に乗り込んで来れば、夫婦は水と油で互いに撥き合う、こうして夫婦というものは「屹度わかれる。天下の夫婦はみんな分れる」-太平の逸民を描いたと一見みえる『猫』にこめられたこの苦い認識こそ、作家漱石の出発点であった。現代人に〈愛〉と〈信〉の成就は果たして可能か-漱石の小説はその壮大な実験室であった。求道と認識の背反を止揚せんとした漱石の世界を解明する著者畢生の論考。

【目次】(「BOOK」データベースより)
作家漱石の出発-その〈文学〉とは何か/『漾虚集』-夢と現実の往還/『吾輩は猫である』-〈猫の眼〉の誕生/『坊つちやん』-〈うた〉という発想をめぐって/『草枕』-〈画工の眼〉とは何か/『野分』-再びその〈文学〉とは何か/『虞美人草』-悲劇と喜劇/『坑夫』-〈意識の流れ〉の試み/『夢十夜』-方法としての夢/『三四郎』-その人物像をめぐって/『それから』-夢と自然のなかの迷路/『門』-〈自然の河〉から〈存在の河〉へ/『思ひ出す事など』-修善寺大患の意味をめぐって/『彼岸過迄』-遠心と求心の交錯/『行人』-〈信〉と〈狂気〉のはざまに/『こゝろ』-〈命根〉を求めて/『硝子戸の中』-その〈微笑〉の意味するもの/『道草』-〈神〉の顕現/『明暗』-最後の漱石

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

4,644円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    2. 2
      【予約】ほぼ日手帳公式ガイドブック2018
      【予約】ほぼ日手帳公式ガイドブック2018

      ほぼ日刊イトイ新聞

      1,728円(税込)

    3. 3
      鹿の王 3
      鹿の王 3

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    4. 4
      マイホーム価値革命
      マイホーム価値革命

      牧野知弘

      842円(税込)

    5. 5
      鹿の王 4
      鹿の王 4

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ