宿敵(上)
  • Googleプレビュー

宿敵(上) (角川文庫)
遠藤周作

518円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1987年09月
  • 著者/編集:   遠藤周作
  • 発行元:   角川書店
  • 発売元:   KADOKAWA
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  275p
  • ISBNコード:  9784041245217

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
秀吉麾下の加藤清正と小西行長は好対照をなす武将であった。行長は海外貿易で繁栄を極めた堺の貿易商小西隆佐の息子であり「水の人」である。清正は尾張中村の鍛治屋の子、あくまで「土の人」である。堺の会合衆の富と政治手腕をうしろ楯に持つ行長と、徒手空拳、自分しか頼れなかった清正、両者は出発から違っていた。秀吉はみごとな近習操縦術で2人をきそわせる。しかし、武人と商人とは根底において手を握れない。やがてライバルは死闘を演じる宿敵となった

みんなのレビュー

  • (無題)
    lazylazy
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年06月25日

    本作は、太閤秀吉・子飼いの武将、加藤清正と小西行長の物語である。武断派の清正らと文治派の石田三成との確執は良く知られているが、小西行長についてはほとんどイメージを持たれていない。清正と行長、この二人の確執に焦点を当てた本作の独創性に、まずは感服した。行長は堺商人の息子であり、文治派の一人である。老いた秀吉が狂人のごとく推し進める朝鮮出兵。秀吉を裏切り無益な戦の回避を画策する行長と、あくまで秀吉に従順な清正。まさに水と油。ライバルであり宿敵である二人が放つ火花に、読み応えは十分。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

518円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      アキラとあきら
      アキラとあきら

      池井戸潤

      1,080円(税込)

    2. 2
      【予約】プラージュ
      【予約】プラージュ

      誉田哲也

      745円(税込)

    3. 3
      君の膵臓をたべたい
      君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    4. 4
      鹿の王 1
      鹿の王 1

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    5. 5
      鹿の王 2
      鹿の王 2

      上橋 菜穂子

      691円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ