フィレンツェ共和国のヒューマニスト
  • Googleプレビュー

フィレンツェ共和国のヒュ-マニスト イタリア・ルネサンス研究
根占献一

7,020円(税込)6,500円(税抜) 送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2005年10月30日
  • 著者/編集:   根占献一
  • 出版社:   創文社(千代田区)
  • サイズ:  単行本
  • ページ数:  245,
  • ISBNコード:  9784423460597

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
イタリア・ルネサンス、そしてその中心となったフィレンツェ共和国(1282年〜1532年)。ギリシャ・ローマの古典文化との関連でこの間の歴史が考察されるが故に、ルネサンスという時代概念が用いられる。また今日ではこれと分離し難い概念として、ヒューマニスト(ウマニスタ)が存する。特定の時代に生まれ、やがてヨーロッパ各国で定着するが故に、人文主義者と邦訳せずに用いられる。ならば、共和国のルネサンスはいかにあり、同国のヒューマニストたちはいかなる人たちであったのか。これらを知るべく、レトリックと自由の意義が歴史的に探究され、文化と政治の担い手たちが群像豊かに叙述される。彼らは古典的教養(パイデイア、フマニタス)を積みながら、政府官房の公務に勤しむ点で異彩を放つ。研究史上の名高い概念、「市民的ヒューマニスト」と称されるのは彼らのことであり、公私にわたる彼らの活動が点描される。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序論 ルネサンス文化の時代的特徴/第1章 レトリックの伝統と社会/第2章 一四〇〇年代フィレンツェ史論/第3章 共和政的自由と書記官長/第4章 メチェナティズモと知識人/第5章 メディチ体制下の市民的ヒューマニストと新文化

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
根占献一(ネジメケンイチ)
1949年熊本県に生まる。早稲田大学第一文学部入学、西洋史学科卒業。1973年早稲田大学大学院文学研究科修士課程(史学)入学。1975年同博士課程に進む。博士(文学)。文部省、学習院女子短期大学教授を経て、学習院女子大学国際文化交流学部教授。この間、在フィレンツェの国立ルネサンス研究所で短・長期の在外研修を受く。主要著書に『ロレンツォ・デ・メディチ-ルネサンス期フィレンツェ社会における個人の形成』(南窓社。第20回マルコ・ポーロ賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

7,020円(税込)6,500円(税抜)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

楽天kobo電子書籍版

この商品の電子書籍版は
まだありません。

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ