ロールシャッハテストはまちがっている
  • Googleプレビュー

ロールシャッハテストはまちがっている 科学からの異議
ジェームズ・M.ウッド

5,076円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
心を映すエックス線:ロールシャッハテストの威力/テストの誕生:ロールシャッハ・インク図版テストの始まり/ロールシャッハテスト、アメリカに渡る/ロールシャッハテストの栄光の時代/どれを選んだらよいのか:ロールシャッハテスト流派の乱立/科学者たちがロールシャッハテストを吟味する/ロールシャッハテストの危機/よみがえったロールシャッハテスト:ジョン・E.エクスナーの包括システム/包括システムの真相/それでも救世主を待ち望む:ロールシャッハの未来/難破船にしがみつく:なぜ心理学者はあきらめないのか/裁判官、異議あり!:ロールシャッハテストを法廷から閉め出す/ロールシャッハテストは永遠か

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ウッド,ジェームズ・M.(Wood,James M.)(ウッド,ジェームズM.)
テキサス大学(エルパソ)心理学助教授。1979年にエール大学から神学で修士号を、1990年にアリゾナ大学から臨床心理学で博士号を得た。それ以来、大学で研究と教育に従事してきた。彼の研究は心理学と法律の問題、特に大人と子どもの目撃者の被暗示性と、子ども虐待事件における専門家の意思決定の問題を扱っている

ネゾースキ,M.テレサ(Nezworski,M.Teresa)
テキサス大学(ダラス)、行動・脳科学部助教授、カリエール・センター心理サービス部門ディレクター。テキサス大学サウスウェスト医学センターの生物医学大学院臨床教授も務める。1983年にミネソタ大学から臨床心理学と実験児童心理学でPh.Dを得た。大学で研究と教育を行ないつつ、臨床サービスの提供にもあたっている。対処行動と回復における個人差の問題に強い関心をもっており、以前は乳児の愛着パターンにおける個人差の影響を研究していた。現在は行動医学の分野の仕事をしており、人工内耳を埋め込んだ患者における対処行動と、閉鎖頭部外傷後のパーソナリティ適応を調べるプロジェクトに取り組んでいる。アメリカ心理学会が認可した心理学博士課程で、ロールシャッハ包括システムを用いたパーソナリティ検査を長年にわたって教えている

リリエンフェルド,スコット・O.(Lilienfeld,Scott O.)(リリエンフェルド,スコットO.)
エモリー大学(アトランタ)心理学助教授。1990年にミネソタ大学から臨床心理学でPh.Dを得てから、大学で研究と教育に従事している。精神病質、すなわち罪悪感の欠如、不正、冷酷、衝動統制不良、表面的魅力のようなパーソナリティ傾向を特徴とする症状に主として焦点をあてて研究している。また彼は、臨床心理学の妥当性が確かめられていない擬似科学的な手法にも関心をもっており、心理検査と心理療法の中で科学的に支持されたものと支持されていないものを区別することを目的とする新しい学術雑誌である“The Scientific Review of Mental Health Practice”を創刊し、その編集者を務めている。大学院でロールシャッハ包括システムを学び、大学院生時代に臨床の仕事でそのテストを数多く行なった。しかし包括システムの妥当性に関する研究論文に触れるようになってからは、このテストに関してしだいに疑いをもつようになった

ガーブ,ハワード・N.(Garb,Howard N.)(ガーブ,ハワードN.)
ピッツバーグ退役軍人援護局医療システム、不安・適応障害クリニックのコーディネーターで、ピッツバーグ大学医学部精神医学臨床助教授。1984年にイリノイ大学(シカゴ)から臨床心理学と「心理検査・研究法」で博士号を得た。常勤の臨床家である彼はまた、大学で研究と教育にもあたり、法廷で専門家証人として証言することもある。メンタルヘルス専門家の意思決定の強みと弱点に関する研究でもっともよく知られている。大学院ではロールシャッハテストのベック法を学んだ

宮崎謙一(ミヤザキケンイチ)
新潟大学人文学部教授。1979年、東北大学大学院文学研究科博士課程(心理学専攻)で単位を取得したのち、山形女子短期大学幼児教育科講師、新潟大学教養部講師、同助教授、新潟大学人文学部助教授を経て、1996年から現職。専門は聴覚の心理学で、大学院時代から現在まで、基本的な聴覚現象や音楽の知覚と認知の問題を中心に研究を行なってきた。現在は特に絶対音感が主な研究テーマで、絶対音感を持つ人たちが音楽をどのように認知しているのか、絶対音感がどのようにして成立するのか、絶対音感の音楽的意味と問題点を明らかにする実験的研究を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

5,076円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      1,436円(税込)

    2. 2
      人生の勝算
      電子書籍人生の勝算

      前田裕二

      1,436円(税込)

    3. 3
      歴史読本2012年2月号電子特別版「日本の神社・神さま入門」
      電子書籍歴史読本2012年2月号電子特別版「日本の…

      歴史読本編集部

      153円(税込)

    4. 4
      自衛隊メンタル教官が教える 人間関係の疲れを取る技術
      電子書籍自衛隊メンタル教官が教える 人間関係の…

      下園壮太

      648円(税込)

    5. 5
      知らないと恥をかく世界の大問題7 Gゼロ時代の新しい帝国主義
      電子書籍知らないと恥をかく世界の大問題7 Gゼ…

      池上 彰

      443円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ