母親というものは
  • Googleプレビュー

母親というものは
葉祥明

1,188円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2006年05月
  • 著者/編集:   葉祥明
  • 出版社:   学研プラス
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  1冊(ペ
  • ISBNコード:  9784054030305

商品説明

当たり前のように、「母さん」って呼んでいても「母さん、ありがとう」って言ってなかった。心の中では、母さんへ伝えたい言葉がたくさんあるのに…。
ページをめくるごとに、大切な何かを気づかせてくれる、1冊である。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
近すぎていえない、母さんへの言葉…。みんなそれぞれに思っている“ありがとう”を…。伝えたかった気持ちが今、この1冊にこめられた。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
葉祥明(ヨウショウメイ)
画家・詩人・絵本作家。1946年熊本生まれ。1972年初版、創作絵本「ぼくのべんちにしろいとり」を出版。イギリス、フランス、スウェーデンで発刊。1990年「風とひょう」で、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。1991年北鎌倉に、“葉祥明美術館”を開館。1992年郵政省ふみの日記念切手にオリジナルキャラクター「JAKE」が採用される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 感動で心を満たしたい。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年11月14日

    「ありがとう そよ風」という本で、「母親というものは」の詩を読みました。心が震える程の素晴らしい詩だったので、同名の本を見つけた瞬間に即購入の申し込みをしました。この本は我が家の女性達に代々受け継いでいって貰いたいと思っています。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    うみね
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年07月25日

    「東京タワー」で母親というものはの詩を読み号泣し、この本を買いました。自分の母に対してのみならず、私自身が母親としてこの姿勢でいなくてはとしみじみ思いました。そして!子供達にも母親の気持ちを知って欲しくて、この詩のページを開きピアノの上に飾ってあります・・!

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    yunyun0907
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年02月04日

    自分用に購入しました。大切にしたい本の一冊です。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,188円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      つい他人(ひと)に自慢したくなる 無敵の雑学
      電子書籍つい他人(ひと)に自慢したくなる 無敵…

      なるほど倶楽部

      108円(税込)

    2. 2
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      1,436円(税込)

    3. 3
      大白蓮華 2017年 7月号
      電子書籍大白蓮華 2017年 7月号

      大白蓮華編集部

      185円(税込)

    4. 4
      生涯投資家
      電子書籍生涯投資家

      村上世彰

      1,400円(税込)

    5. 5
      er-101のムダを知る☆がんばらない節約
      電子書籍er-101のムダを知る☆がんばらない節約

      山内圭

      108円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ