【8月24日01時00分~07時59分まで】  全品ポイント2倍以上! 
中国人、会って話せばただの人
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

中国人、会って話せばただの人 近くて遠い隣人との対話 (PHP新書)
田島英一

864円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2006年04月
  • 著者/編集:   田島英一
  • 出版社:   PHP研究所
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  288p
  • ISBNコード:  9784569649627

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
五六民族が暮らす中国各地を旅すれば、言語、生活様式、宗教など、様々な文化を肌で感じる。儒教や共産党の指導などでつくりあげられた「文明」が、中国の実像ではない。「面従腹背」で中央の統制から逃れる地方官僚。お上の意向などよそに、日々の生活を楽しみ「鼓腹撃壌」を地でいく農村。漢族との共存に腐心するチベット族…。各地を広く踏査した気鋭の研究者が、北京や上海といった一部の大都市だけではわからない中国人のホンネを浮き彫りにする。国家・民族の溝と対話に思索を巡らした中国紀行。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 海辺の「中国人」たちー二〇〇四年三月・広東省(自由市場の喧騒/広州のオールド・タウン/変わる広州、変わらない広州 ほか)/第2章 沈黙と祈りー二〇〇四年八月・広西チョワン族自治区など(中国の社会団体/湘江のほとりで/「洋教」の微妙な立場 ほか)/第3章 「東アジア」の彼岸(西双版納(一九九〇年五月・雲南省)/茶馬の古街道(二〇〇五年三月・雲南省)/「民族」という名の呪詛(二〇〇一年八月・チベット自治区))

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
田島英一(タジマエイイチ)
1962年、東京生まれ。1991年、慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位満了につき退学。慶應義塾大学総合政策学部助教授。専門領域は中国地域研究。特に、民族宗教問題、愛国主義(中国ナショナリズム)、NPO等中間組織がもたらす中国社会の変容等に、主要な関心を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

864円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    2. 2
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    3. 3
      戦争と平和
      戦争と平和

      百田 尚樹

      820円(税込)

    4. 4
      (125)今日すべきことを精一杯!
      (125)今日すべきことを精一杯!

      日野原 重明

      864円(税込)

    5. 5
      コミンテルンの謀略と日本の敗戦
      コミンテルンの謀略と日本の敗戦

      江崎道朗

      1,058円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ