楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
龍馬の金策日記
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

龍馬の金策日記 維新の資金をいかにつくったか (祥伝社新書)
竹下倫一

820円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2006年05月
  • 著者/編集:   竹下倫一
  • 出版社:   祥伝社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  252p
  • ISBNコード:  9784396110383

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 龍馬は浪人中、どうやって食いつないでいたのか(脱藩時に、龍馬はどのくらいお金を持っていたか?/龍馬の借用書 ほか)/第2章 経済的自立への道(薩摩藩の居候になる/日本で初めての株式会社「亀山社中」とは ほか)/第3章 海援隊貧乏記(船の未払い問題が海援隊を生んだ/海援隊とはなんだったのか? ほか)/第4章 龍馬の仰天錬金術(ニセ金製造計画/北海道への夢 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹下倫一(タケシタトモカズ)
1967年、福岡県生まれ。西南学院大学経済学部中退。歴史研究家、フリーライター。大蔵省職員、出版社勤務を経た後、経済、法律、税務関係の著書論文を多数執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    japantn
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2006年08月25日

    ●明治維新の立役者、坂本龍馬をお金の面から研究した一冊です。
    ●お金の流れという現実を見ることで、
    本当の人間性が見えてくるのでしょう。
    龍馬が50両ネコババしているところもあり、
    大志を持つだけあって、豪快なところがあったようです。
    ●司馬遼太郎の「竜馬がゆく」と合わせて読むことで、
    坂本龍馬の魅力を実物代で感じることができると思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

820円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      「あなた」という商品を高く売る方法
      「あなた」という商品を高く売る方法

      永井孝尚

      842円(税込)

    2. 2
      戦争と平和
      戦争と平和

      百田 尚樹

      820円(税込)

    3. 3
      死ぬほど読書
      死ぬほど読書

      丹羽宇一郎

      842円(税込)

    4. 4
      大人の語彙力が面白いほど身につく本
      大人の語彙力が面白いほど身につく本

      話題の達人倶楽部

      1,080円(税込)

    5. 5
      定年後
      定年後

      楠木新

      842円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ