FMEA手法と実践事例
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > その他

FMEA手法と実践事例 品質管理と信頼性,保全性,安全性解析,医療事故防止 (ISO 9000品質システム構築に役立つ手法シリーズ)
小野寺勝重

4,104円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2006年08月
  • 著者/編集:   小野寺勝重
  • 出版社:   日科技連出版社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784817191908

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
FMEA(Failure Mode and Effects Analysis)手法は、IEC(国際電気標準会議)規格として1985年に制定されており各国で適用され、国内外でよく活用されている。いま、ISO9000ファミリー適用の品質管理プログラムの中にFMEA手法の活用を明記し、信頼性の高い製品作りを目指すことが大切な時期となっている。本書は、著者の長年にわたる実践経験とFMEA活用事例約150例の調査などをもとに、FMEA手法を体系的に説明している。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 FMEA手法の概要/第2章 実践FMEA手法/第3章 ライフサイクル段階ごとのFMEAワークシート/第4章 致命度、危険優先数の評価方法と評価点表/第5章 故障モード/第6章 品質保証、信頼性保証、安全性保証プログラムによるFMEA実施計画/第7章 FMEA実践事例/第8章 FMEA手法の拡張:故障診断装置の設計と保全性作業計画手法/第9章 FMEAに関連する信頼性解析手法/第10章 設計改善支援技術:信頼性、保全性、安全性設計技術とライフサイクルコスト

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小野寺勝重(オノデラカツシゲ)
1961年山形大学工学部電気工学科卒業。同年(株)日立製作所に入社。日立工場にて、主として原子力プラントの信頼性解析および品質管理に従事。1987年日立工場予防保全サービスセンタ長。1998年(株)日立製作所を定年退職。日本信頼性学会理事、監事および(財)日本科学技術連盟信頼性・保全性シンポジウム委員などを経て現在、茨城大学工学部講師、IEC(国際電気標準会議)、TC56(信頼性・保全性)委員。工学博士(東京大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年10月17日

    俺の人生にもFMEAが必要だった・・・・

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

4,104円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ