【スーパーSALE】ポイント最大10倍!さらに緊急追加!ポイント最大4倍! 【9月3日1時59分まで】 詳細はこちら >>
自伝大木金太郎伝説のパッチギ王
  • 画像を見る
  • Googleプレビュー

自伝大木金太郎伝説のパッチギ王

1,620円(税込)1,500円(税抜) 送料無料

  • ・発売日
    2006年12月
  • ・著者/編集
    大木金太郎太刀川正樹
  • ・出版社
    講談社
  • ・サイズ
    単行本
  • ・ページ数
    317p
  • ・ISBNコード
    9784062137966

初めて利用の方限定!エントリーでポイント5倍&200円クーポンプレゼント!
【楽天ブックス初めて利用の方限定】クーポンプレゼント中!

商品の詳細説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は韓国「日刊スポーツ」紙に、2006年4月10日から9月29日までの100回にわたり連載された「金一、私の生きざま、私の挑戦」を翻訳したものである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 旅立ち〜雌伏(すべてを捨て日本へ/「麗水・順天反乱事件」で死の淵に立たされる/日本上陸、安堵は束の間、収容所へ ほか)/第2章 飛翔(スターレスラー街道/父の死、アントニオ猪木との出会い/力道山門下の四天王 ほか)/第3章 絶頂〜変転(南北朝鮮統一のかけ橋/歩みだした王座への道/WWA世界タッグ・チャンピオン! ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大木金太郎(オオキキンタロウ)
本名・金一(キムイル)。1929年生まれ。韓国から日本に密入国し、力道山に弟子入り。ジャイアント馬場、アントニオ猪木らの兄弟子。強烈無比な「原爆頭突き」を武器に一世を風靡し、のちに韓国プロレス界のリーダーとなる。日本での最後のファイトは1981年。韓国では国民勲章石榴賞を受けるなど、国民的スターのひとりとして評価されている。2006年10月26日没

太刀川正樹(タチカワマサキ)
1946年東京生まれ。早稲田大学教育学部英文科在学中、国立ソウル大学語学研究所で韓国語を学ぶ。1974年韓国民青学連事件に連座、金芝河(詩人)、李哲(韓国鉄道公社社長)、柳寅泰(国会議員)らとともに拘束、懲役20年を宣告される。その後、講談社「日本版ペントハウス」ニューヨーク支局長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この著者/編集の関連商品

ページ:/

  • 前の商品
  • 次の商品

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

併せて買いたい関連商品

似たテーマの作品

みんなのレビュー

もっとレビューを見る

紙書籍版電子書籍版

総合評価
4.33
レビュー件数
3
  • 購入者さん
    評価5.005.00
    投稿日:2007年01月18日

    力道山との出会い、張本をはじめとする出会いの数々、ただ頭突きだけの人だと思ってましたが、面白かったです。

  • 孝幸8581
    評価3.003.00
    投稿日:2007年01月15日

    筆者の苦労及び想いに考え深さを感じます。

  • Bon Voyage
    評価5.005.00
    投稿日:2007年01月06日

    G馬場やA猪木とともに昭和のプロレス全盛期を支えた、大木金太郎ことキムイル氏の知られざる素顔をうかがい知ることができ面白いです。 「昭和のプロレス」ファンにとっては垂涎の著で絶対おススメの一冊といえます。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,620円(税込)1,500円(税抜)

送料無料

お気に入りに追加

この商品のオークション出品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2014年 10月号

    このページの先頭へ